第444回 市立尼崎高等学校(兵庫)「連覇目指す市立尼崎の夏」2017年07月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]旧チームのレギュラーが6名残った新チーム
[2]1年前と異なる球場の雰囲気が生む「焦り」/ アプローチ改革を恐れないのがイチアマ流
[3]兵庫連覇がかかる2017年夏に向けて


 公立校同士のファイナルとなった昨夏の兵庫大会を制し、1983年以来、二度目の兵庫の頂点に駆け上がったのは、「イチアマ」の略称で地元民に親しまれている市立尼崎だった。甲子園では八戸学院光星と大熱戦を繰り広げた(試合記事)。延長10回の末、惜しくも4対5で敗れ、33年ぶりの勝利は成らなかったが、兵庫大会で披露し続けた粘り強い戦いを聖地・甲子園でも見せつけた。

 あの激闘の夏から1年。2年連続の夏甲子園出場を目指す市立尼崎ナインを直撃すべく、兵庫県尼崎市に位置する学校を訪ねた。

旧チームのレギュラーが6名残った新チーム

殿谷 小次郎主将(市立尼崎)

 2016年夏、悲願の甲子園出場を果たしたことで、33年ぶりの8月始動となった現チーム。甲子園のスコアボードにスターティングメンバーとして名を連ねた6名の経験豊富な2年生がそのまま残る、大きなアドバンテージを携えてのスタートとなった。竹本修監督がチーム発足当時の状況を振り返る。

「内野全ポジションとキャッチャー、そしてレフトの3番打者が残ったことで、秋までは間違いなく有利に戦えると思いました。このアドバンテージをしっかりと生かし切ってセンバツ出場を成し遂げる。チームの目標はそこ1本でした」

 兵庫県大会3回戦ではプロ注目右腕・山内 響を擁する東洋大姫路を延長12回の激闘の末、7対6(延長12回)で下し、甲子園出場校の底力を見せつけた。しかし、続く準々決勝の報徳学園戦では、2対4の逆転負けを喫し、センバツ出場の夢を絶たれてしまう。

 7回まで2点のリードを奪いながら、終盤にエラー、四球、バッテリーエラーが絡んでの4失点。殿谷 小次郎主将は「忘れられない試合」と語った。
「勝てた試合だったのにこっちが自滅してしまった。せっかくのアドバンテージを生かしきれなかったことがとにかく悔しかった」

【次のページ】 1年前と異なる球場の雰囲気が生む「焦り」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第757回 【12日目見所】大阪桐蔭vs高岡商のテーマは左投手の対応!準々決勝進出をかけた3回戦4試合の見どころ!【大会展望・総括コラム】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第20回 報徳学園高等学校(東兵庫)【8年ぶり15回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第753回 【7日目見所】兵庫県勢2校が登場!白山の戦いぶりにも注目!【大会展望・総括コラム】
第175回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.22「小園海斗」【ドラフト特集】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
辻井 亮汰(市立尼崎) 【選手名鑑】
殿谷 小次郎(市立尼崎) 【選手名鑑】
市立尼崎 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム