2021年のドラフト会議が終了した。来年のドラフトへ向けて特集が始まるが、まず22年の大学生はかなり華のある選手が多くいる。能力は高いのは例年通り、ただスター性あふれる選手が多い22年世代の大学生を紹介したい。


東京六大学、東都大学に華と実力を備えた野手が揃う


 まず来年世代でまず注目されるのは立教大の山田 健太だろう。大阪桐蔭時代は3度の甲子園優勝を経験。立教大進学後は1年春からレギュラーを獲得。すでにリーグ通算60安打、7本塁打を記録している。グラウンドから見せる端正な顔立ちは非常に華があり、人気選手になるのは間違いない。SNSでも贔屓球団にほしいという声が溢れている。編成的な視点でみても、コンタクト力の高い大型二塁手は需要がある。

 蛭間 拓哉は、浦和学院時代は主将として甲子園ベスト8を経験し、早稲田大では2年春から3期連続で3本塁打をマークし、今秋のリーグ戦で通算10本目に達した。そして同級生の中川 卓也は今季、自己最多の11安打をマークしており、スイング軌道を見ると実に良い。来年は軸となる2人が圧倒的な打撃を見せることがプロ入りの鍵となる。

 この春、セカンド部門でベストナインを受賞した法政大の斎藤 大輝もスター性あふれる強打の二塁手だ。

 慶応大の生井 惇己慶應義塾出身)も、140キロ後半の速球を武器に、主にリリーフで活躍した。他では最優秀防御率を受賞した増居 翔太彦根東出身)も切れの良い140キロ中盤を投げ込む先発型左腕だ。来年の慶応大は3年生の陣容が豊富なので、かなりの注目株となりそうだ。立教大の150キロ右腕・荘司 康誠新潟明訓出身)、140キロ後半の速球を投げ込む島田直哉(龍谷大平安出身)もいる。

 東都では森下 翔太(中央大)選手に注目だ。東都通算5本塁打をマークし、そのパワー、体格はやはり同世代でもトップクラスだ。今秋は苦しいシーズンになっているが、花開けば人気のある外野手となりそうだ。

 亜細亜大の田中 幹也選手がアグレッシブな走塁、守備、そして高いコンタクト力でチャンスを切り開く。今秋から二部でプレーする立正大の奈良間選手も攻守で高いパフォーマンスを発揮する。青学大はスラッガー・片山 昂星山田 拓也の進化も楽しみだ。

 駒澤大の福山 優希八戸学院光星出身)は制球力、投球のコンビネーション、スタミナは社会人でも即投げられる投手。NPBを意識するにはさらなる球威面もレベルアップも必要になりそうだ。東都二部は人材が多く、常時150キロ超えの速球を投げ込む羽田野 温生(東洋大)も面白い。