中学時代は控え投手も高校で大成



落合秀市(和歌山東)

 潜在能力ではドラフト1位候補に匹敵するとも言われている本格派右腕・落合 秀市和歌山東)。185センチ、90キロの恵まれた体格から投げ下ろす最速148km/hのストレートに落差のあるスプリットやキレのあるスライダーなどを投げる。体格と球速から剛腕のイメージが強いが、変化球を器用に投げ分けることもでき、投手としての総合力は高い。

ヤングリーグ・和歌山ビクトリーズ時代は控え投手で、高校でも最初は野球を続けるつもりはなかったという。それでも和歌山東で野球を継続すると、2年春から徐々に台頭。結果を残したことで意識も向上し、3年生になってドラフト候補に名乗りを上げた。

 最後の夏は角度のあるストレートと鋭く落ちるスプリットが冴え、先発、リリーフにフル回転した。3回戦ではセンバツ8強の市立和歌山と互角の戦いを繰り広げたが、味方の失策でサヨナラ負け。試合直後には「こんなに注目されるピッチャーになれるとは思わなかった。プロでも通用するようなピッチャーになりたいです」とプロ入りへの思いを口にした。

 ドラフトでは上位指名の可能性も十分に考えられる。心身ともに未完成な部分はあるが、じっくりと目の前の課題に取り組むことができれば、球界を代表する投手になれるはずだ。

 【プロフィール】
落合秀市(おちあい・しゅういち)
四箇郷少年クラブ-ヤングリーグ・和歌山ビクトリーズ
右投げ右打ち
185センチ90キロ

(記事=馬場 遼)

関連記事はこちらから
控え投手からプロ注目投手へ!落合秀市(和歌山東)の野球道を変えた大きな試合