第175回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.21「野村佑希」2018年08月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

ホームラン打者としての実力十分!強打者「野村佑希」


野村佑希 (花咲徳栄)

 昨年春、埼玉大会2回戦で花咲徳栄の4番、野村 佑希(当時2年)の二塁打とホームランを見て魅了されてしまった。同3回戦、準々決勝、準決勝、決勝、さらに関東大会の早稲田実業戦で延長10回、9対10の接戦でサヨナラ負けし夏の大会を前にした〝追っかけ″は終わるのだが、早稲田実業戦を補足するとヒット、三塁打、ホームランを放ち、ホームランと単打3本を放った清宮 幸太郎(現日本ハム)と見事に張り合った。

 2回戦のホームランを見ていたとき、球場にいた今成泰章・日本ハムスカウトに「凄いですね」というと、今成氏は「センバツ期間中の関西遠征でもホームランを量産したんだ」と教えてくれた。このやりとりだけで今成さんの野村に対する評価の高さがうかがえた。

 打つ以外の走守はどうだろう。早稲田実業戦で放ったヒットのときの一塁到達は5.12秒、三塁打のときの三塁到達は12.31秒、第4打席の三塁ゴロのときの一塁到達は4.67秒だから、はっきり言って遅い。ところが2年のときの夏の甲子園大会決勝、広陵戦では第4打席で三塁打を放ち、このときの三塁到達は11.93秒、今年の春の埼玉大会準々決勝、山村国際戦では第4打席で二塁打を放ち、このときの二塁到達は8.17秒と速かった。ちゃんと走れば速いが、コンスタントに全力疾走するタイプでないことは間違いないようだ。

 ポジションは2年のときから外野手、投手、三塁手と複数をこなしている。正直、うまいと思ったポジションはない。ピッチャーでは「最速146キロ」スポーツ紙などで書かれている。私が「投手・野村」を見たのは過去に2回だけで、最もよかったのは昨年の埼玉大会2回戦、草加戦で先発してストレートは最速138キロを計測している。そのあとの浦和学院との決勝でも3番手として登板し136キロを計測しているが、球速で想像できるように投手としてはあまり可能性を感じない。

 走攻守を1つずつ見ていけば素質は完全に「打者」だと言えるが、昨年まではバッティングフォームに気になる部分があった。それは構えたときのグリップ位置が「高すぎる」ということ。この位置が最後まで低くならないので、悪い表現をすればマキ割りををしているように見えてしまう。

 言葉を足すと、この縦スイングがボールの下にバットを潜り込ませる長所になっている。さらにヘッドが最短でボールに向かっていけるフォームなので、打者が一番苦手とする内角胸元のボールにも対応することができる。しかし、高いグリップ位置はスイングを窮屈にするという弊害も生んだ。筒香 嘉智(DeNA)を今年の春に取材したとき、野村を想定して高いグリップ位置について聞くと、「いいバッター(安定して好成績を挙げる打者)は肩より高い位置にグリップを置かない」と断言した。

 これから野村の当たりは止まるかもしれない、そう思いながら今春の埼玉大会準々決勝、山村学園戦を見ていたら、グリップ位置がそれまでの耳上から肩あたりまで下がり、ほとんど外角を攻められながら第4打席で2ストライクからの外角ストレートでとらえてライト前に運んで2人の走者を還した。これからどう変わっていくかわからないが、グリップ位置に問題意識があることがわかり、正直、ホッとした。

 ホームラン打者としての素質は左右の違いこそあれ、昨年の清宮 幸太郎安田 尚憲(ロッテ)とそう変わらないレべルにある。藤原 恭大根尾 昂(ともに大阪桐蔭)と並び称される強打者と言っていいだろう。

文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
東邦vs広陵 2【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs広陵【第91回選抜高等学校野球大会】
第864回 いよいよベスト8が出揃う!2年連続ベスト8を狙う智辯和歌山は強打を発揮できるか?大会8日目の見所!【大会展望・総括コラム】
第8回 制球力、スピード、変化球、メンタル。すべてがグレートだった河野佳(広陵)!【センバツ2019】
広陵vs八戸学院光星 2【第91回選抜高等学校野球大会】
広陵vs八戸学院光星【第91回選抜高等学校野球大会】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs広陵【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第826回 変化球投手から148キロ右腕へ 河野佳(広陵)を変えた2つのキーワード 【2018年インタビュー】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム