第150回 今年の神奈川は「ショートの年」だ!6人のショートをピックアップ!2018年05月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


上野 浩聖(立花学園) 小松 勇輝(東海大相模) 横瀬 辰樹(横浜隼人)  重村 瑠惟(日大藤沢)   遠藤 圭吾(横浜)    宮尾 将(慶應義塾)

次々と現れる神奈川の好ショートたち

 今年の神奈川は好遊撃手が多い。これほど遊撃手が集まった年はなかなかない。今回、高校野球ドットコムがピックアップする遊撃手は
小松 勇輝東海大相模
宮尾 将慶應義塾
横瀬 辰樹横浜隼人
重村 瑠惟日大藤沢
上野 浩聖立花学園
遠藤 圭吾(横浜

 の6人だ。小松は1年春から遊撃手のレギュラーを獲得。パンチ力ある打撃を武器に1年から快打を連発した小松は、自慢の俊足を磨きライト前ヒットで二塁を陥れる走塁を身に付けた。強打の東海大相模打線を引っ張る核弾頭として活躍を見せ、3年春に甲子園初出場。日本航空石川戦で先頭打者本塁打を打つなど、全4試合で19打数6安打の活躍を見せた。これからも攻撃的1番打者として活躍を見せていきたいところだ。

 宮尾は中学時代、侍ジャパンU-15代表として、2015 U-15 アジアチャレンジマッチを経験した遊撃手。1年秋から遊撃手のレギュラーを獲得し、不動のショートストップとしてチームを引っ張った。宮尾の持ち味はスピード感溢れる守備だ。打球反応が非常に速く、三遊間で抜けたと思われる打球も追いついていく。判断力も高く、特に印象的だったのは選抜・彦根東戦。7回表、彦根東の9番・永井 結登が三遊間へ深めのゴロを放ち、内野安打性の当たりだったが、宮尾は横っ飛びで追いついた。打球に追いついたスピードも素晴らしいが、そのあと、宮尾は無理に一塁に投げず、目で三塁走者を追った。無理な体制から投げて暴投になっていれば、点を失っていたかもしれない。冷静に次のプレーを判断できる頭脳が優れている。
 また打者としても、広角に打ち分け、ツボに入れば本塁打にできるパワーを持っている。10年ぶりの甲子園を目指し、攻守でハツラツとしたプレーを見せたい。

 (横浜隼人)の横瀬は攻守で総合力が高いショートストップ。シートノックから身のこなしが良い動きを披露し、打席ではどのタイプの投手にも対応できる。春季県大会を振り返れば、初戦で神奈川の公立校屈指の好投手・富田 歩平塚江南)と対戦し、三塁打、二塁打を放ち、富田が降板した後には本塁打を記録。レベルが高い打撃ができることを証明した。また、横瀬の良さは常に明るく振舞ってプレーすることができること。主将として選手たちを引っ張り、周りを乗せることができる。ファイターという表現がぴったりなプレイヤーだ。

 この春は惜しくも4回戦で敗れ、ベスト8入りはならなかったが、南神奈川注目の選手だろう。

 重村は下級生の時から活躍を見せていた遊撃手。守備範囲が広い守備でチームを盛り立てる。春の県大会で守備面で活躍を見せたのが3回戦の藤嶺藤沢戦だ。藤嶺藤沢の148キロ左腕・矢澤 宏太から7回表に勝ち越しの二塁打を放ち、9回裏には、一死一、二塁のピンチで、三遊間に転がった鋭い打球をアウトにする好守備を見せた。この好プレーにより勢いづいた日大藤沢は延長11回に勝ち越しに成功。ベスト16まで進出した。

【次のページ】 立花学園の上野のスピーディな動きに注目!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第225回 横浜期待の星・松本隆之介 順調な歩みを見せる大型左腕のストロングポイントは?【ドラフト特集コラム】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs湘南学院【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第14回 鵜沼魁斗(東海大相模)「走攻守三拍子揃った巧打の外野手は愛されキャラ!?チームを1つにさせる重要な存在」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
東海大相模vs東海大菅生【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
館山昌平、復活への道
上野 浩聖(立花学園) 【選手名鑑】
遠藤 圭吾(横浜) 【選手名鑑】
小松 勇輝(東海大相模) 【選手名鑑】
重村 瑠惟(日大藤沢) 【選手名鑑】
宮尾 将(慶應義塾) 【選手名鑑】
横瀬 辰樹(横浜隼人) 【選手名鑑】
慶應義塾 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
立花学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム