九州大会では最も注目されたのが、聖心ウルスラのエース・戸郷 翔征明豊のスラッガー・濱田 太貴の対決である。戸郷は昨夏2年生エースとして甲子園出場に貢献。濱田も2年夏の大分大会で18打数7安打、3本塁打11打点の好成績を残し、甲子園でも打率.600、2本塁打、9打点を記録し一気に名を挙げた。そんな両選手の対決が初戦で実現したのであった。

 4月22日、小郡球場のバックネット裏には各球団のスカウトが集結。2人の対決の行方を見守った。

 一冬超えて戸郷・濱田の両選手は大きく成長していた。戸郷は昨秋から体重を3キロ増加して、78キロに。ストレートの球速も145キロまでスピードアップ。125キロ前後のスライダーが基本線だが新たに120キロ後半のスプリットを身に付け、投手としての幅を広げ、県大会では安定したピッチングで優勝に貢献。スカウトの評価を大きく上げていた。

 濱田は変化球を打てる打者になるために、日ごろからマシン、あるいは打撃投手相手に変化球を打つ練習を重ねてきた。この春の大分大会準決勝では、高校通算36本塁打を放つなど調子を上げてきている。

 まず第1打席。濱田は戸郷のスライダーをとらえてライト前へ鋭いヒット。戸郷にとっては自信があるスライダーを打たれたことはショックであった。
 「あれほど自信があったスライダーをしっかりと打ち返されてびっくりでした。ストレートが打たれると思ってスライダーにしたのですが、スライダーを打たれて正直投げる球がないなと思いました」
 第1打席にヒットを放った濱田に話を聞くと、スライダーの軌道はしっかりと見切っていたという。
 「日頃から変化球を打っている練習をしていたので、良かったです」と笑顔を見せた。

 そして濱田は第2打席、初球を打って右飛。濱田は「こすった当たりになってしまって、しっかりと捉えることができていれば本塁打にすることができていたのに、悔しかったです」と悔やんでいた。