印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第92回 クイックネストレーニングその12014年09月19日

【目次】
[1]クイックネストレーニングについて | アジリティトレーニングの説明 | クイックネストレーニングドリルの紹介
[2]トップスピードに乗るための姿勢/立ち直り反射/トリプルエクステンション | クイックネストレーニングドリルの紹介2

 殖栗正登トレーナーによる走塁力や守備力を高めるためのトレーニングを動画で紹介!トップスピードに乗るための姿勢の解説から、そういった動きを可能にしていくトレーニングまで、わかりやすく解説します。

クイックネストレーニングについて

【クイックネストレーニングとは】

何かを見て、反応して、そしてその反応に対して素早く、第一加速(一歩目)を行うこと


アジリティトレーニングの説明

【まずは構えを身につけよう!】

・足首、ひざ、股関節、この3つの関節を曲げる(トリプルフレクション)
・歩幅は肩幅と腰幅の真ん中に置こう
 →守備位置や競技によって歩幅を調節しよう
・歩隔をとった状態から足首、ひざ、股関節をしっかり曲げ、体幹を固定した状態でひじを90度にキープしよう
・手はサムアップ(親指を上に立てる)
・目線は前を真っ直ぐ前を向く
 →目線が下を向くと背中が丸くなってしまいます
・骨盤の後傾に注意しよう!
 →骨盤が後傾するとがに股になり、股関節のパワーをつかうことができません
・母指球に力を入れ、そこからスタートできるよう、少しずつかかとを上げよう


クイックネストレーニングドリルの紹介

【クイックネストレーニングドリル1】

・「アジリティトレーニングの説明」で紹介した構えから90度、ターン
 →この状態でバランスが崩れないよう、キープできるようにしよう!
・同じく構えから後ろに180度ターン
 →素早くターンを加えて、ピシっと止まれるように。バランスをキープしてパワーロスを無くせるようしよう!

このドリルを10回を2、3セットウォームアップなどの前に入れてみよう!

【9月特集】スピードを生かす技術

このページのトップへ

【次のページ】 トップスピードに乗るための姿勢/立ち直り反射/トリプルエクステンション | 立ち直り反射のポイント

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

殖栗正登先生
殖栗正登先生
  • (有)ベースボールトレーナーズ
    -高知ファイティングドッグス
    -伊予銀行女子ソフトボールボール部
    -愛媛県国体トレーナー
    -徳島インディゴソックス
     インディゴコンディショニングハウス
  • 柔道整復師
  • アメリカストレングス&コンディショニング協会公認
    ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
  • 日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
  • FMS
  • SFMA
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 殖栗正登facebook

殖栗正登のイップス克服プログラム

殖栗正登のバランス野球学
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム