第3回 高校野球を終えたキミたちへ 恩師からの手紙 ~日本文理キャプテン・平野貴史~2020年08月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園の中止が発表された日
[2]野球とともに歩んだ人生


高校野球引退後に、中学時代の恩師・岩船監督と平野選手との再会2ショット

 5月20日、甲子園の中止が発表された日。
平野貴史は、その夜、中学時代の監督にこれまでの感謝の気持ちを記したメッセージをLINEで送った。

「こんばんは。今日、甲子園大会の中止が決まり、まだ心の整理は完全には出来ていません。ですが、もう決まったことに変わりはないので、これからまた今できることをやりきりたいと思います。甲子園とはまた違った濃い夏にしたいと思います」

上越市立春日中時代の恩師・岩舩尚貴監督(現上越教育大附属中)へ送ったこのメッセージは、「次に進むための決意」だったと平野は言った。

 小学生の時から、地元新潟の強豪・日本文理の甲子園での活躍をみてきて、ずっと憧れのチームだった。
 自分もここで野球がやりたい!と、中学を卒業後、日本文理高校に入学。2年生の夏にチームは甲子園に出場したが、平野は甲子園には帯同はせず、居残りのメンバー79人をまとめるために、自ら新潟に残ったというほど、キャプテンシーのある男だった。

 しかし、新チーム結成後の秋の大会では、初戦で敗退。
「自分たちならできるという気持ちがどこかにあって、それが過信につながった結果でした」と平野は秋を振り返る。
 夏は、もう一度、甲子園へ。そして、自分たちの代で今度は全国優勝を。
そんな思いでキャプテンとして、チームをまとめてきた平野だったが、あの日、甲子園の夢は絶たれた。

 

「甲子園を目指して日本文理に入学して、ここまで頑張ってきましたが、それがなくなったのは、僕の人生においても大きな出来事でした。だけど、鈴木監督や高野連の方々が、僕たちのために、代替大会の準備もしてくださり、最後はその大会で優勝したいという目標に切り替えて、またグラウンドに戻ってきました。 自分はキャプテンとして、堂々とチームを鼓舞していくことで勝ちにつながっていくと思うので、仲間とともに最後まで戦っていきたいです」

 そう大会開幕前に話してくれた平野。
7月18日に開幕した新潟県高校夏季野球大会では、日本文理は決勝まで順調に勝ち上がるも、最後は中越に3対9で逆転負けを喫し、準優勝に終わった。
 決勝戦で、平野は6回に代打で出場するも三振に倒れたが、最後まで気迫をみせた。
そんな平野を最後までずっと応援してきた中学時代の恩師・岩舩監督は、高校野球を終えた平野にこう手紙を寄せた。

【次のページ】 野球とともに歩んだ人生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第15回 日本文理高等学校(新潟)【2年ぶり10度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
日本文理大附 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム