第1回 全国制覇8度を誇る大阪桐蔭の戦績・卒業生の進路を紹介!2020年04月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園通算戦績
[2]プロ入りした選手
[3]主な選手の進路<2009〜2016年卒>
[4]主な選手の進路<2017〜2018年卒>
[5]主な選手の進路<2019〜2020年卒>

 今春中止となった選抜大会を含め、春夏通算21回出場、優勝8回(夏5回、春3回)と圧倒的な成績を誇る大阪桐蔭。主な卒業生には中村剛也、平田 良介中田 翔森 友哉など、日本プロ野球を牽引する選手ばかり。プロだけでなく、アマチュア野球界でも数多くの選手が活躍している。

 全寮制で、大阪桐蔭のユニフォームを着るために全国各地からトップクラスの実力を持った球児が集結する。U18侍日本代表の監督も務めた西谷浩一監督の下、常に高校野球界の先頭を走る大阪桐蔭のこれまでの戦績、プロ入りを果たして選手、主な卒業生の進路先を紹介したい。

甲子園通算戦績



全国制覇8度を誇る大阪桐蔭

【甲子園通算成績】

夏 37勝5敗 優勝5回
春 26勝7敗 優勝3回

1991年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
1991年(夏)優勝
2002年(夏)1回戦敗退
2004年(春)2回戦敗退
2005年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
2006年(夏)2回戦敗退
2007年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
2008年(夏)優勝
2010年(春)2回戦敗退
2012年(春)優勝
2012年(夏)優勝
2013年(春)3回戦敗退
2013年(夏)3回戦敗退
2014年(夏)優勝
2015年(春)準決勝敗退(ベスト4)
2016年(春)2回戦敗退
2017年(春)優勝
2017年(夏)3回戦敗退
2018年(春)優勝
2018年(夏)優勝

【次のページ】 全国制覇8度を誇る大阪桐蔭の戦績・卒業生の進路を紹介!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム