目次

[1]甲子園の緊張とは違ったプロ初登板
[2]島袋洋奨氏が伝えた夢を叶えるための目標設定の仕方

島袋洋奨氏が伝えた夢を叶えるための目標設定の仕方



高校時代の宮國椋丞(現・巨人)と島袋洋奨さん

 本当に、ずっと一軍でプレーしている選手って心底凄いなと感じる島袋 洋奨氏に、一人のスター選手のことを伺ってみた。同郷のヒーロー東浜 巨(ソフトバンクホークス)だ。

 島袋 洋奨氏「巨さんは本当に憧れ。まさかプロで同じチームメイトになれるとは思いもしなかった。嘉弥真新也さんと同じく、沖縄県民として色々して下さった。本当に特別な存在です」

 最後にドットコムを見てくれている高校生たちへ。島袋 洋奨氏から贈る。

 島袋 洋奨氏「最初に大きな目的を立てて。例えばプロ入りする。例えば甲子園で勝つなどなど。その目的に向かって、今の自分に近い目標、即ちクリア出来る目標を立ててはクリアしていくことを続けていく。その繰り返しが、夢への道標(みちしるべ)になると僕は思っています。大学を挟んで最後は不本意ながらに終わってしまいましたが、プロ野球選手になる夢は掴めた」

 甲子園に出る。甲子園で活躍する。プロへ入る。そのことを全てなし得てきた島袋 洋奨氏だからこそ納得出来る言葉。何も野球だけに限らず、この目的の目標設定法は、勉強にも活かせるはずとのこと。

 島袋 洋奨氏の次なる目的はもちろん、母校興南高校野球部の指導者。多くの高校野球ファンが、その姿を待ち望んでいる。

(取材=當山 雅通

関連記事
◆原島選手のインタビューvol.1を読む⇒甲子園3試合連続本塁打を放ったスラッガー・原島正光(日大三出身)が甲子園に辿り着くまで vol.1
130名の選手から選ばれる都筑中央ボーイズ(神奈川) 魅力は元プロによる高い指導力と選手ファーストな考え方
神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】