第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!2019年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]― 燃 ―/― 北山高校に雪辱!興南高校 ―
[2]― 沖縄尚学に雪辱!北山高校 ―/― 沖縄水産高校に雪辱!沖縄尚学高校 ―

 たくさんのドラマがあった2019年沖縄の高校野球。それらのシーンを振り返って、漢字一文字で表してみた。

― 燃 ―



興南と沖縄尚学

 本当は「雪辱」の二文字にしたかったのですが(苦笑)。「雪辱に燃える」から一文字取りました。沖縄を代表する二強といえば興南高校と沖縄尚学高校です。
 その二強と互角の戦いを演じたのが、北山高校。この3校が2019年を彩りましたが、各校ともに同じような雪辱に「燃」えていました。まずは興南高校から。

― 北山高校に雪辱!興南高校 ―



試合に勝利してあいさつに向かう興南ナイン

 現在の三年生たちが高校野球駆け出しの約二年前、一年生中央大会に出場したのが各地区を勝ち抜いてきた16校。その一回戦で興南高校と対戦したのが北山高校でした。

 2点を先制した興南高校。しかし3回、北山高校は4番仲村のタイムリーで追い上げると、4回、5回には7番宮里の2打席連続タイムリーなどで2点ずつを奪い逆転。6回にも玻名城と上間栄にタイムリーが出て7対3とリードを広げました。

 追う興南高校は7回に嘉数のタイムリーや相手のワイルドピッチなどで反撃。追い詰められた9回裏、西江と仲本のタイムリーで1点差としましたが、最後は併殺打に倒れ8対9で敗れました。勝った北山高校は勢いを増し、決勝へ進出。創部初の準優勝を成し遂げました。

 その興南高校が、再び北山高校と合い間みえたのが、三年生に上がる直前の春季県大会準決勝。先発は北山高校が金城和、興南高校が又吉で、エース金城洸と宮城 大弥は試合展開を見据えてのスタートでした。

 興南高校は1番の西里が2打席連続安打、2番根路銘は3打線連続安打をマークするなど、前半の5回を終えて北山高校にプレッシャーをかけ続けましたが、得点することが出来ません。

 一方の北山打線は、興南高校先発の又吉の前に6回を終えてノーヒット。エラーも四球もないパーフェクトピッチングでした。

 その中、二番手に新城を挟んだ北山高校が先に動きます。6回二死からエース金城洸がマウンドへ。代打の比屋根をセカンドフライに斬ります。その直後の7回、今度は名将が動きます。スタンドが少しざわめく中、センターから宮城 大弥がマウンドへ。



北山・金城洸汰

 まるで日本シリーズの、中日ドラゴンズ山井投手から岩瀬投手へ変えた落合監督のような、パーフェクト投手を変えるのは我喜屋監督だからこそ出来る継投でした。

 宮城 大弥は7回と8回にヒット1本ずつを打たれるも、3人ずつで締めます。金城洸も味方のエラー1つのみで、7回、8回、9回と3人ずつ。お互い一歩も譲らない投手戦で、延長へと突入していきました。

 10回、北山高校は二死満塁とチャンスを作りましたが、宮城 大弥が貫禄の三振斬り。その裏興南高校も一死二・三塁とサヨナラの機会を作りましたが、金城洸が併殺に斬る互角の展開。

 13回に入りタイブレークを開始しましたが、そこでも両投手が粘りのピッチングを見せて1点しか許しません。しかし14回裏、興南高校が犠打をきっちりと決め、1番西里がサヨナラ犠飛を上げて辛勝。3時間20分の熱戦に終止符を打ちました。

 試合後、宮城 大弥の女房役である捕手の遠矢が「やっと北山高校にリベンジ出来ました。」と語ったのが印象的でした。

 その後、秋の決勝で敗れた沖縄水産高校に勝利した興南高校。九州大会に進み、福岡県の筑陽学園にもリベンジした執念は正に「雪辱に燃える興南」だったことでしょう。

【次のページ】  ― 沖縄尚学に雪辱!北山高校 ―

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
北山vs未来沖縄【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
國吉 吹(沖縄水産) 【選手名鑑】
知念 大成(沖縄尚学) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
北山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム