第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.32019年09月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]二通りに分かれる選手特徴
[2]平良海馬に伝えたこと/今年のドラフト会議は宮城大弥に注目

 2017年、東浜 巨沖縄尚学-亜細亜大-ソフトバンク)が16勝を挙げ最多勝に輝いた。そして翌2018年、山川穂高(中部商-富士大-西武)が本塁打王、多和田 真三郎中部商-富士大-西武)が最多勝に輝き、沖縄出身選手がプロ野球界を席捲している。この小さな島国から何故、プロの世界で活躍出来る選手が生まれるのだろうか。色々な視点からひも解いてみようと思う。

関連記事はこちらから!
高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球vol.1
東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄

二通りに分かれる選手特徴



高校時代の宜保翔

 前述の東浜 巨島袋 洋奨宮城 大弥は自分をストイックに追い込む型。その壁を自らの努力で打つ破り更なる高みへと昇ってきた。興南沖縄尚学を選ぶ子たちは、殆どがその覚悟を持って入学していく。

 一方、山川穂高や宜保 翔などはちょっと違う。1997年に浦添商を夏の甲子園でベスト4に導いた盛根先生、また1994年那覇商で春夏甲子園連続出場した神山先生(現KBC学園未来沖縄監督)に指導されたとはいえ、どちらかといえば山川も宜保も自由奔放に近い形で高校野球を過ごしてきた。

 そういった選手が多いのは県立校に進む有望選手に多く見られる。浦添商那覇宜野座中部商八重山商工嘉手納糸満とその地域から甲子園を目指そうという機運が高まっているのも手伝って、1校に選手が集中するというのは昔に比べそこまでないという印象の沖縄。だからこそ、「戦国化」しているとも言えよう。

 どちらが勝つかという予想が、当てにならないのが沖縄の高校野球だ。選手に関して言えばストイック型と自由奔放型に分かれるともいえよう。そのような視点でドラフト会議を見てみると、また違った観点で楽しく見ることが出来る。

【次のページ】  平良海馬に伝えたこと

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第4回 1年夏に鮮烈デビュー!興南期待の新主将・西里颯のポテンシャル【沖縄の高校野球】
第970回 宿敵同士の再戦か?それともジャイアントキリング達成か?【秋季沖縄県大会準々決勝 展望・前編】【大会展望・総括コラム】
嘉手納vs八重山【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
嘉手納vs石川【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
金城 洸汰(北山) 【選手名鑑】
宜保 翔(未来沖縄) 【選手名鑑】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】
平良 海馬(八重山商工) 【選手名鑑】
多和田 真三郎(中部商) 【選手名鑑】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
嶺井 博希(沖縄尚学) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
石川 【高校別データ】
糸満 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄 【高校別データ】
沖縄カトリック 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム