• トップ
  • コラム
  • 101回大会特集
  • 「自分の避け方悪かった」死球辞退後にホームランの菅原 謙伸 海外メディアも「これはカルマ」と称賛

第66回 「自分の避け方悪かった」死球辞退後にホームランの菅原 謙伸 海外メディアも「これはカルマ」と称賛2019年08月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

菅原 謙伸(花咲徳栄)

 この夏、あるワンプレーが話題となった。それは大会6日目第4試合に行われた、明石商花咲徳栄の試合で起きた。

 明石商の1点リードで迎えた7回表、一死走者なしの場面。打席に立っていたのは花咲徳栄の9番・菅原 謙伸捕手だ。明石商の2年生エース・中森 俊介の抜けた変化球が、菅原の左肩付近に当たった。球審が歩み寄り、死球と判定されるかに思われたが、ここで菅原が予想外の行動に出た。

 「自分の避け方が悪かった」と、自ら死球を辞退。球審、相手バッテリー、相手ベンチに頭を下げ、再び打席に立ったのだ。再開直後の投球を振り抜くと、打球はレフトスタンドに飛び込む同点弾となった。

 この行為に対し、13日、アメリカのYAHOO!SPORTSは「Japanese High Schooler Shows Great Sportsmanship(日本の高校球児が見せた素晴らしいスポーツマンシップ)」の見出しで、一連の流れを紹介した。

 「花咲徳栄菅原 謙伸は7回の打席で、明石商の投手の球が直撃した。しかし一塁へは進まず、自ら『前のめりになってしまった』と話し、相手投手、相手ベンチに頭を下げ、打席に戻った。そして、ホームランを放った。」

 この記事を書いたダン・ガートランド記者は「I think that’s called karma.(これはカルマだと思う)」と記した。カルマとは、「業、行為、宿命」などと訳されるが、「良い行為にしろ、悪い行為にしろ、いずれ自分に返ってくる」とう因果応報を表す言葉だ。

 同記者は、このような言い回しで菅原の行為を称賛しているのだ。

 野球に限らず、勝ちに執着すると、相手を欺くことすら「必要なこと」と思ってしまいがちだが、菅原のようなフェアプレー精神を忘れずにありたい。また、そんな高校野球の姿を見せてくれた菅原に、改めて拍手を送りたい。

(記事=林 龍也)

関連記事はこちら!
明石商vs花咲徳栄 両チームのプロ注目選手、そしてキャッチャーの活躍光る好ゲーム
これが9番!?ネガティブを成長に変えた岩手育ちの「大型捕手」 菅原謙伸(花咲徳栄)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第239回 中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち【ドラフト特集コラム】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
第1039回 目的意識を持った打撃練習が生んだマルチヒット 安打製造機・韮澤雄也(花咲徳栄)が意識すること 【2019年インタビュー】
菅原 謙伸(花咲徳栄) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム