第19回 初出場・誉の主力選手が語る、愛知の誇りのプライドと心境2019年07月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 「正直、信じられないです」と優勝について語った矢幡真也監督が指揮する愛知県の。激戦区・愛知を制して甲子園に辿り着いた新星。令和最初の夏の甲子園でどんな戦いを見せるのか、今から注目したいところだが、この優勝を選手たちはどう受け止めているのか。監督に続いて選手たちにも話を聞いた。

2回戦・愛知との戦いで深めた自信



初出場を決めた誉 ※第126回全尾張高等学校野球選手権大会 準決勝 東浦戦から

 「嬉しいですね」と率直な感想を語ったのは主将の林山 侑樹。キャッチャーとして山口怜生と杉本 恭一の両投手を引っ張った。彼ら2人について、「よく投げてくれたと思います」と優勝の立役者を称賛した。またチームの主砲である4番・吉田 卓矢も2人の投球について、「野手として守りやすく、テンポよく試合を進めることができました。堂々とした投球で守りやすかったです」とWエースを称賛した。

 主将として「最初はまとまらなかったですが、春が終わってから『甲子園に行きたい』という皆の思いが1つになって、試合をやるたびにチームが結束しました」と戦うたびに強くなったことを林山主将は実感していた。今大会のターニングポイントを聞くと、矢幡監督同様に2回戦の愛知戦をあげる。「この試合を通じて自信をつけることができたので、愛工大名電中京大中京相手でもひるまずに戦えました」

 3番・澤野聖悠にも愛知戦を聞くと、「9回まで負けていて苦しい展開でしたが、最後まであきらめずに全員野球で戦って勝てたことでチームが良くなった」と振り返ると、「自分たちの野球をやることを集中したことが良かった」と愛工大名電中京大中京戦についても語ってくれた。

 名門との一戦について林山主将も、「緊張もしましたが、強いところと戦えることもないので、ワクワクもありました」と愛知戦で深めた自信を胸に楽しんでいたことを明かした。また主砲の吉田にとっても(愛工大名電中京大中京に)勝てたことで優勝が見えてきた」と大きな山場であったことを語った。

 最後に林山主将は甲子園での意気込みを伺った。
 「愛知の代表として全校の思いを胸に粘り強く戦いたいです」。また主砲の吉田君は甲子園に向けて、「愛知の代表として恥じないように全力でやれればと思います」と語れば、「持ち味である打率を残すバッティングですが、自分たちの持っているものをすべてを出せればと思います」と澤野選手は意気込みを述べた。

 学校として、そして小牧市として初の甲子園へ。の躍進に注目だ。

関連記事はこちらから
誉(愛知)「そう遠くない位置まで見えてきた、悲願の甲子園出場を叶える!」
ノーシードから愛知を制覇した誉(愛知)!ターニングポイントは強豪撃破ではなく、逆転劇
【戦歴データ】誉

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第30回 誉(愛知)【初出場】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第950回 【第101回大会展望】星稜、智辯和歌山ら優勝候補がいきなり同ブロック!3回戦まで激戦の連続!【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs誉【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
東浦vs誉【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
県立岐阜商vs誉【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東海地区高等学校野球大会】
誉 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム