第53回 日高中津(和歌山)「史上最弱からの逆襲へ!優勝して全員で泣きたい」2019年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]新チーム結成時には「史上最弱」と言われる
[2]後半の集中力、得点力が課題

新チーム結成時には「史上最弱」と言われる



試合の様子

■これまで5名のプロ野球選手を輩出

 和歌山県立日高高等学校中津分校は、和歌山県日高郡日高川町に所在する和歌山県立日高高等学校の分校である。
 野球部は、これまで5名のプロ野球選手を輩出した県内の名門であり、現役選手では東北楽天ゴールデンイーグルスで濱矢廣大投手が活躍集だ。

■「甲子園で1勝」をチーム目標に

 現在は、3年生16名、2年生18名、1年生20名の計52名で活動している。専用グランドを有しており、恵まれた環境の中で練習が出来ている。
 今年のチームは「積極的な走塁、守備の粘り強さ、精神力」の3つをウリにしており、「甲子園で1勝」をチーム目標に掲げて日々練習に取り組んでいる。

■史上最弱と言われていた

 新チームがスタートした時には史上最弱と言われており、学生コーチの原仁成は「見返してやろうと思った」と当時を振り返る。
 新人戦では、和歌山東に0対8のコールド負けを喫して、非常に悔しい負けを経験。秋季和歌山県大会でも2回戦で敗退し、冬のトレーニングでは体を大きくすることをテーマに取り組んだ。

■春季県大会ではベスト8進出!

 冬場のトレーニングの成果もあり、春季和歌山県大会ではベスト8進出を果たした。春休みには、格上のチームとの6連戦の練習試合も経験したことも、大きくプラスに働いた。
 現在は夏の大会へ向けて、粘り強く戦っていくことをテーマに練習に取り組んでいる。学生コーチの原は「忘れることのない夏にしたい」と意気込みを語る。

■ここまで活躍を見せた選手と夏のキーマンは?!

 今年のチームで、ここまで際立った活躍をみせてきたのは杉浦玲吏だ。杉浦は何といっても長打力が持ち味であり、打線の中心として活躍してきた。
 また、この夏のキーマンには古久保勝星の名前が挙がる。彼らの活躍がチームの浮沈を握っている。

【次のページ】 後半の集中力、得点力が課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
市立和歌山vs日高中津【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
第67回 高鍋(宮崎)「走攻守すべてで攻める夏にして、決めるぞ甲子園!」【僕らの熱い夏2019】
初芝橋本vs日高中津【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
近江vs日高中津【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
日高中津vs有田中央【和歌山県 2015年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県一次予選】
日高中津vs箕島【和歌山県 2015年春季大会 平成27年度春季和歌山県大会】
日高中津 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム