第11回 センバツで2試合連続マルチヒットの福岡大真(筑陽学園)!フルスイングを貫く理由2019年03月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今大会、初出場ながらベスト8入りを果たした筑陽学園。その中で最も当たりを見せているのが福岡 大真だ。センバツ2試合で計7打数4安打の活躍を見せている。そんな福岡の活躍ぶりを振り返る。

フルスイングにこだわる理由



福岡大真(筑陽学園)

 「自分は打席の時、あまり考えていません。来た球を打つ。それだけです!」
試合後の会見で語った福岡。その理由について聞くと、
「自分って考えすぎると打てないタイプなんですよね。ある程度、準備はしますけど、打席の中では考えすぎないようにしています」
つまり感性で打つタイプなのだろう。それでも速球、変化球に対し、柔軟に対応し強烈な打球を打ち返す福岡の打撃能力は抜きんでている。

 心がけているのはフルスイング。その領域に達したのは、フレッシュ・筑紫野ドリームズ時代だ。余計なことを考えずにフルスイングしたほうが結果も伴うことに気づいた。

 甲子園に入って日に日に調子を上げている。山梨学院の7回表の第3打席で二塁打を放ったが、「想像以上に飛んだ」と振り返り、8回表の第4打席の左前安打は「とにかく1点を取りたいという思いで打ちました」と強い気持ちが結果につながった。また守備では球際が強い守備を披露し、好プレーを連発。
「センターと話し合ったポジショニングがうまくいっている」と語る。天性でプレーしているように見えるが、どうすれば思い通りのプレーができるかを考えてプレーしている選手だといえるだろう。

これで初のベスト8。信じられない表情をしていた福岡。中学3年生の時、滑り止めで筑陽学園に合格し、佐賀の公立校を受験していた。結果は不合格となり、筑陽学園では一般生として入学した。メキメキと実力をつけ、今や不動のレギュラーだ。
「もしその学校に出場してれば甲子園に出ていないです。だから今でもここまで勝ち上がれたのは信じられないです」

 父は1994年の樟南の甲子園準優勝の福岡真一郎さん。父に負けないぐらいの全国での実績を残しつつある福岡大真。初出場ながら勢いが止まらない筑陽学園の起爆剤としてこれからもフルスイングを貫く。

取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第44回 筑陽学園(福岡)【16年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院 2【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院【第91回選抜高等学校野球大会】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
福岡 大真(筑陽学園) 【選手名鑑】
筑陽学園 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム