第40回 浜松開誠館(静岡)「甲子園で勝つために団結力を高めていく!」2019年02月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]夏の甲子園に出場し、勝つために練習を重ねる
[2]甲子園に強い想いを持って/個々の力だけでなくチームの団結力を高めていく!

夏の甲子園に出場し、勝つために練習を重ねる



浜松開誠館の集合写真

■中村紀洋氏が指導を行う話題校

 静岡県浜松市にある浜松開誠館は1924年に誠心高等女学校として開校。1998年に男女共学となり、現校名になった。

 元プロ野球選手であり、2008年夏に常葉菊川で甲子園準優勝に導いた佐野心監督が指揮を執り、プロで404本塁打を放った中村紀洋氏が非常勤コーチを務めていることでも知られている。甲子園出場経験はないが、大きく話題を集めている学校だ。

■浜松開成館野球部の紹介

 野球部は2年生13名、1年生36名の計49名で活動している。野球部専用のグラウンドがあり、室内練習場も完備されている。青木蓮太朗主将(2年)は「チーム全員思い切り振れる、どんどん攻めることができる、全員が元気すぎる」ことをチームの長所に挙げた。「甲子園で勝つ」ことがチームの目標だ。

■新チームがスタートしてから思い出深いエピソードは?

 新チームではセンバツ出場を狙ってスタートしたが、2年生の意見が衝突することも多くあったという。しかし、「一人一人がそれだけ本気だったのかと後から実感しました」と青木はこの経験をプラスに捉えている。

■最も印象に残っている試合は?

 青木は県大会1回戦の静岡商戦を挙げた。5対12と公式戦ではこれまでにないくらいに打ち込まれて敗戦。青木は「自分たちの思うようなプレーができず、悔しさが残りました。自分たちの力はまだその程度だと感じることができました」と振り返った。

■新チームで活躍した選手は?

 新チームがスタートしてから活躍が目立ったのが、西本悠雅、北嶋颯、青木、奈良祐歩の4人。彼らは逆転本塁打を放つなどここぞという時の勝負強さが目立った。上記4人と島口隆聖の5人が1番~5番を打つが、全員が本塁打を打てる長打力を持っている。この5人が中心となって春と夏を勝ち上がっていくつもりだ。

■この冬の意気込み!

 「個々の技術向上はもちろん、一人一人がどの立場、どのくらいのレベルなのかと、野球に対する考えをもう1回変える」ということをテーマに冬のトレーニングを重ねている。青木は「2年生最後の冬、春夏に懸ける想いは1人1人とても強いので、何事も勝つためにこれからもチーム全員練習していきます。夏甲子園で勝つために一生懸命やっていきます!」と熱く宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 甲子園に強い想いを持って

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第797回 新勢力が大きく躍動!秋の静岡は新時代の幕開け?【大会展望・総括コラム】
第352回 【静岡抽選会後 展望】春の王者・常葉橘は勢いを持続できるか?強豪校が散らばり、今年は混戦に【大会展望・総括コラム】
第189回 【第97回静岡大会展望】2季続東海大会優勝の静岡の牙城を崩すのは?好チーム、好選手を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
浜松開誠館 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム