• トップ
  • コラム
  • 四国発
  • 高校野球ラストステージから「大卒プロへ」走り出す糸川 亮太(立正大)の3日間

第24回 高校野球ラストステージから「大卒プロへ」走り出す糸川 亮太(立正大)の3日間2018年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「高校野球最後の場」坊っちゃんスタジアムで
[2]残した結果、それ以上に高い周囲の評価
[3]尽きない向上心、目指すは「大卒プロ入り」

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えてしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第24回では12月1日(土)から3日(月)まで愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」で四国出身選手として唯一の参加となった糸川 亮太(立正大2年・投手・右投左打・171センチ73キロ・川之江<愛媛>出身)の3日間を、周囲の証言も交え紹介していきます。

「高校野球最後の場」坊っちゃんスタジアムで



侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿紅白戦で力投する糸川 亮太(立正大2年)

 「お久しぶりです!」

 12月1日(土)「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」初日の坊っちゃんスタジアム糸川 亮太(立正大2年・投手・右投左打・171センチ73キロ・川之江<愛媛>出身)は、私が真っ先にあいさつをしようとする前に、自ら足を運んでくれました。その胸には縦じまに「RISSHO」の筆記体。背には「17」の文字。川之江時代の2年12月には愛媛県選抜の一員として高苑工商を5安打完封。立正大でも1年時から登板を重ね、この秋は立正大の東都大学リーグ18季ぶり2度目の制覇に6試合登板2勝1敗・防御率1.98で貢献。そして明治神宮大会でも3登板で3勝・13回を投げ防御率0.69と圧巻の成績で胴上げ投手に輝いた右腕の、堂々地元凱旋です。

 私「坊っちゃんスタジアムはいつ以来だったっけ?」
 糸川「あの時以来ですね」
 私「そうか、あの時以来か……」

 そう。「あの時」とは春の県大会を制し第1シードに選ばれながら無念の初戦敗退に終わった2016年7月18日・第98回全国高校野球選手権愛媛大会2回戦のこと。糸川は春決勝戦で敗れたリベンジを期す松山聖陵に序盤撃ち込まれ、打線もアドゥワ 誠(現:広島東洋カープ)に1点しか奪えず。そして松山聖陵はこの川之江戦をステップに初の甲子園出場へ突き進んでいきました。そこで私はこう声をかけました。



川之江時代の糸川 亮太

 「高校野球がここで終わったんだから、今度はここを飛躍につなげる場所にしたいよね」

 これに「そうですね」と力強く答えた糸川投手。そうして2日目の紅白戦、彼は見事な投球で有言実行をやってのけたのです。

【次のページ】  残した結果、それ以上に高い周囲の評価

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第824回 出でよ!「4強+3」に続く勢力 秋季高知県大会総括【大会展望・総括コラム】
第822回 「学びの力」が成績として反映された秋季四国大会【大会総括】【大会展望・総括コラム】
立正大vs環太平洋大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
立正大vs関西国際大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
九州共立大vs立正大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第827回 独自の感覚と50メートル5秒8の俊足を活かし勝利を呼び込む 小郷裕哉(立正大) 【2018年インタビュー】
高松商vs高知商【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
高知vs富岡西【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第804回 平成30年度(第71回)秋季四国地区高等学校野球大会展望 「2019年センバツ」懸け、激戦の幕開け【大会展望・総括コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第724回 小郷賢人(関西ー東海大学)「分かっていても空振りする真っ直ぐ」でNPBの日本代表を目指す 【2018年インタビュー】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
四国発
殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
都立大田桜台(派遣:立正大立正) 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
川之江 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム