第8回 近江の中尾&北村に聞くセンバツの意気込み!「打ち負けない野球を」2018年02月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から北村恵吾、中尾 雄斗

 1月26日、第90回記念選抜高等学校野球大会の出場36校が発表され、近江の3年ぶり5回目の選抜出場が決まった。今年は滋賀県が3校に選抜出場と例年にない盛り上がりを見せており、そのなかで昨秋、近畿大会ベスト4まで勝ち進んだ近江は大きな期待がかけられている。今回は主力選手として高い意識をもって日々の練習に取り組んでいる中尾 雄斗主将と1年生から主軸を打つ北村 恵吾選手にお話を伺った。

中尾 雄斗(2年・遊撃手)
 近畿大会でベスト4になって自信はあったので選ばれて良かったなと思いました。甲子園ベスト4をチームの目標としてやっているのでまずはベスト4を目標にしっかり練習していきたいと思います。センバツでは1点差で勝ち抜けるような試合をしたいと思っています。そのために守備力の強化とセンバツは良い投手が多いと思うので打ち負けないように頑張っていきたいと思います。

 チーム状態についてはセンバツが近づいてきて個々のモチベーションが上がってきているので良い練習ができていると思います。近畿大会準決勝根尾 昂投手から16奪三振されて力負けを感じましたし、完全に振り負けていたのでその部分を強化しています。個人によって決めた目標のスイング数を達成できるようにしていますし、体を強化するためにウエイトトレーニングをしてからスイングをするようにしています

北村 恵吾(2年・一塁手)
 今までこの日を目標にしてやってきていたので選ばれて嬉しいです。1年生の時は楽しんでできたと思いますが、今年のセンバツは自分が最高学年であるのでチームを引っ張っていけるようなプレーをしていきたいと思います。この冬は筋力アップと体のキレを出すことを目標にやっています。アフターのダッシュ系を毎日やっているのとウエイトトレーニングを重視しています。各数字が30㎏上がって、腕回りも5㎝太くったので良かったと思います。甲子園では4番なのでホームランを打ちたいという思いはあります

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
近江vs法隆寺国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
星稜vs近江【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
第770回 甲子園3度出場の北村恵吾(近江)の土台となったケガと経験 【2018年インタビュー】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江兄弟社vs高島【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs日大三【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第215回 植田 海選手(近江高等学校) 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
北村 恵吾(近江) 【選手名鑑】
中尾 雄斗(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム