第131回 3年生座談会 県立菊池高校(熊本)「熊本工業を破った、夏の大会。そして得たもの...」【後編】2018年04月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手の成長とマネージャーへの感謝
[2]熊本工業を破った、夏の大会
[3]3年間の部活動を振り返る

【前編】3年生座談会 県立菊池高校(熊本)「新監督と共に再スタートをした菊池高校」【前編】

 チームの躍進は、どのような環境で生まれたのか。7人の3年生選手に対談してもらった。

【座談会参加メンバー】
芹川 遼汰(前主将) ショート ・ 宮本 辰生 ピッチャー
河津 颯太郎 キャッチャー ・ 後藤 遼太郎 セカンド
中尾 裕大 センター ・ 依田 拓己 ライト
坂本 大輔 ライト

選手の成長とマネージャーへの感謝



宮本 辰生投手

――宮本投手は、このNHK旗から本格的に投手に専念しました。球はあまり速くないのに、緩急を使ったピッチングで強豪を封じ込めた姿が印象的でした。

宮本:ストレートはMAXで127kmですが、だいたい120km弱です。100kmちょっとのチェンジアップとシンカーを織り交ぜ、緩急とコントロールで勝負です。

河津::キャッチャーとして、本当に信頼していました。しっかり試合を作ってくれる、チームの中心選手です。

――チームがうまく周る要因として、マネージャーの頑張りもあったと伺いました。

中尾:はい。マネージャーたちが頑張ってくれたので、自分も野球に対して頑張れました。刺激を貰いました。

坂本:冬のランニングを支えてくれたのが思い出です。本当に感謝です。

芹川::洗濯をたくさんしてくれました。トレーニングのきつい時に声もかけてくれました。

後藤::普通の女子高生なら遊びたいと思うのに、チームのために帰りも遅くて休みもないなか動いてくれました。みんなにお菓子を作ってくれたり、本当にいいマネージャーさんたちでした。野球の勉強も一生懸命していたので、本当に凄いです。

【次のページ】 熊本工業を破った、夏の大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第130回 3年生座談会 県立菊池高校(熊本)「新監督と共に再スタートをした菊池高校」【前編】【僕らの熱い夏2017】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
東海大星翔vs菊池農【熊本県 2015年夏の大会 第97回選手権熊本大会】
菊池 【高校別データ】
菊池農 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム