第27回 小学校のグランドで積み重ねた実績と伝統 福岡志免ボーイズ(福岡)が目指すのは人間としての成長2020年01月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 中学野球界では珍しい、小学校のグランドで練習を行うチームが福岡にある。福岡市近くの志免町にある志免東小学校のグランドで活動を行っている福岡志免ボーイズだ。創部以来、練習の拠点はずっと志免東小グラウンドに置いており、その歴史は41年になる。

 そんな福岡志免ボーイズの練習に伺い、チームの特徴や方針、そして今年のチームの状況についてお話を伺った。

選手たちが野球を好きなまま卒業してくれるように



トレーニングに励む選手たち(取材日はたまたま筑豊緑地球場での練習だった)

 「小学校で練習していて、全国大会にも出るチームはなかなか無いと思いますよ」

 そう語るのは福岡志免ボーイズを率いる近藤正之監督だ。
 近年は、第47回春季全国大会出場(2017年)、第48、50回選手権大会出場(2017、2019年)、ジャイアンツカップ2017出場(2017年)、2017ホークスカップ(2017年)優勝など、福岡県内でも指折りの実績を収めている福岡志免ボーイズ。

 「志免町の中学生を盛り上げていきたい」という町の協力もあり、創部以来チームの拠点は志免東小グラウンドに置いており、県内では2番目に長い41年の歴史を持つなど、自治体の協力と指導者の熱心な指導がこれまでの実績と伝統を作り上げてきた。

 チームを率いる近藤正之監督は、「選手たちが野球を好きなまま卒業して欲しい」とその指導方針を語る。



福岡志免ボーイズの選手たちは練習中も笑顔が絶えない

 2年生18名、1年生22名(うち1名は女子選手)の計40名で活動している福岡志免ボーイズは、各学年に担当のコーチがついており、上手い下手に関係なく全員にチャンスを与えている。
 また平日は練習時間が限られていることから、練習以外の時間にも自主練習を大切にすることを選手たちには話しており、自主性を身に着けることにも繋げて欲しいと近藤監督は口にする。

 「ユニホームが脱いだ後の時間を大切にして欲しいと思っています。小学校の活動でグランドが十分に使えないこともありますが、凡事徹底を忘れず人間的にも成長して欲しいですね」

 そんなチームの方針に惹かれ、現在では志免町以外からも選手が集い、毎年九州各地の強豪校や地区の進学校へ選手が進学。1月24日に第92回選抜高等学校野球大会への出場が決まった創成館にはOBの近藤大地が在籍しており、また2019年にはOGの坂口英里(神村学園女子硬式野球部3年)が、男子選手に負けじとU-18マドンナジャパンに選出された。

 近藤監督が掲げる指導方針通り、多くの選手が高校でも野球を続け、強豪校に進学した選手も活躍を見せている。

【次のページ】 目標はジャイアンツカップの出場

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第31回 子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第29回 空港の目と鼻の先で練習を行う福岡ボーイズ 目指すのは「気持ちの強い選手」の育成【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第28回 ホークス・田浦文丸など輩出の糸島ボーイズ(福岡) 躍進の秘訣は中学野球屈指の環境と高い実践力【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第963回 福岡にいたガチな二刀流・高山維月(福岡志免ボーイズ)が面白い。目標実現へメンタル強化! 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第957回 ゼット旗優勝の原動力となった福岡の原石 刈谷信二朗(福岡志免ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
福岡志免ボーイズvs西田川ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】
第896回 福岡志免ボーイズが初優勝!ゼット旗争奪福岡大会を総括【大会展望・総括コラム】
福岡志免ボーイズvs小倉ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】
福岡志免ボーイズvs八幡南ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】
福岡志免ボーイズvs柳川有明ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム