第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】2019年01月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 全国各地で海外遠征を行うチームが多くなっているが、キューバは日本の高校生のレベルを高めるには絶好の相手だった。それぐらい衝撃度があった。そんなキューバ野球を伝えていきたい。

 前編ではキューバ代表のパワーや、試合前のシートノックの日本との差を伝えていった。後編ではキューバ代表から学べること、海外遠征の利点について考えていく。


キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】

日本野球がキューバ代表から学べること



ゴロを捕球する成瀬 脩人(東海大菅生)

 東京代表はいわゆる日本式のシートノックで準備している。さらには試合前の打撃練習では小倉全由総合コーチ(日大三監督)は守っている内野手にノックを打って準備をさせていた。

 それでも選手たちはイレギュラーバウンドに対応できず、エラーを連発してしまった。我々からすれば、人工芝や土のグラウンドで数々の美技を見せている東京代表の選手たちがその姿を見せてしまうのはショックだったが、なぜ差が出てしまうのか、考えないといけない。

 やはりキューバの選手は普段からデコボコで天然芝のグラウンドで練習しているから、自然とグラブさばきが磨かれているのかもしれない。環境面では見劣りするかもしれないが、逆にこういうグラウンドこそ選手の守備力向上に一役買っていると言える。

 東京代表の選手を見ると、バウンドに苦労した成瀬 脩人東海大菅生)や小松 涼馬帝京)も第5戦になると球際に強くなり、捕球してから送球するまでのスピードが一段と速くなっていた。


 ちなみに外野守備では東京代表のほうが優れている。キューバ外野手の打球の反応、送球の正確性、守備範囲の広さは、日本の基準で見ると下手。日本の外野手レベルは本当に高い。MLBで活躍している日本人野手といえば、イチロー、松井 秀喜、福留孝介、田口壮など外野手が多いのは偶然ではないのだ。

 もちろんキューバも日本の野球から学んでいることはある。キューバ代表のロランド・バスルト監督は「日本野球の時間通り動く、規律の高さは学べるところがあります。キューバ野球の欠点は組織力が低いところです。昔出来ていたところができなくなっているので、日本との親善試合を通して学んでいきたいと思います」と日本野球の規律性の高さを評価していた。

 また、第5戦を終えると、キューバ代表と東京代表がホームベース上で集まり、お互いに感謝の意を伝えていた。

 この姿を見て、改めて日本の高校野球はキューバ代表ともっと交流したほうが良いと感じた。東京代表の選手は貪欲にキューバ代表の選手から学び取ろうとする様子が見え、短期間で急激にレベルアップをしていた。ぜひ日本高野連、各都道府県の高野連は予算を出して、中南米の野球を学ぶ機会を作ってほしい。

文=河嶋 宗一

【関連ニュース】
東京代表が合同レセプション!ラテンの雰囲気を存分に味わう!
東京代表が初練習!気持ち1つに、戦闘状態へ!
いざキューバへ!東京選抜が決戦の地へ飛び立つ!
東京都高野連がU17代表のセレクションを実施!参加選手が刺激を受ける有意義なイベントに!
U17東京代表キューバ遠征、コーチングスタッフが決定!選手は11月にセレクションを実施!
【関連コラム】
東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!・
キューバで見つけた逸材たち【前編】 偉大な父の血筋を引き継いだ長身速球派右腕・ノルヘ・ベラ
【関連インタビュー】
打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている!
キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力
安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
都立東村山西vs二本松工【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
創価vs桜美林【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
関東一vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
伊藤 大征(早稲田実業) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム