第62回 上田誠さん(元慶應義塾高等部監督)「主将の選び方とこれからの指導者の在り方を語る」【後編】2019年12月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校生の故障は、再発が多い
[2]面倒見が良いからと言ってキャプテンに向いているわけではない

 昨今のスポーツ界では、練習のし過ぎによる故障や、行き過ぎた根性論による指導などが問題となっている。しかし、これに対して疑問を呈し、改善を試みようという動きがあるのも事実だ。

 今回は、野球界ではいち早くこの問題に気づき、「エンジョイ・ベースボール」の旗印のもと、坊主頭や理不尽な上下関係の廃止、練習のスタイルまで様々な改革を行ってきた慶應義塾高校元監督・上田誠氏にお話しをうかがった。最終回となる後編では、故障やケガに対する考えや、上田氏が思うキャプテン論について語っていただいた。

高校生の故障は、再発が多い



慶應義塾ナイン(2018年神奈川大会より)

―― 最近は野球をしている子供たちのケガも多くなってきていますが、ご自身が慶應義塾の監督をされていた時に心掛けていた事はありますか。

 まず、故障とケガは違います。故障は悪いフォーム、例えばピッチャーなら投げるフォームで肩を故障する事があるし、バッターなら重いバットで振れって言ったら、腰を故障する事がある。
 ケガは練習にメリハリがないときに起こりやすいもの。ダラダラ練習していて、ボールが来た時に誰も声をかけなかったとか。長くメリハリのない練習時間、選手の疲労度を考えない練習メニュー、悪いフォームが抜けない、こういう事に気をつけて練習させてました。

 あともう一つ大事なのが、小・中学生の頃の故障やケガをちゃんと報告してもらう事。それに対してのフォローを高校野球の監督はしなければいけない。大体高校での故障は再発なんですよ。だから、高校野球の球数制限もいいが、もっと前の段階、小中学生の段階から、考えないといけないと思います。
 ケガや故障のリスクに対する危機感が各地域、各指導者で全然違う。関西の方は野球が強い反面、小・中学校からケガや故障に対する危機感を持っている指導者が少ないように感じます。

―― 最近の子供たちは野球を楽しくやっているように見えない事もある。

 楽しくやるのは大事。もう根性でどうにかしようって時代じゃないから。忍耐力をつけさせる事は大事ですが、厳しい言葉や暴力、長時間練習でそれをさせようとするのは違うと思います。

―― 慶應義塾の選手たちは楽しく練習するのでしょうか。

 暗い道を通らないと明るいところにはいけないけど、それを監督が強制するんじゃなくて、自分からやらせる事が大事。指導者が素振り1000本させるんじゃなくて、選手自ら力を入れて500本振る方が上手くなる。言われなければやらないでは、その選手は伸びません。

【次のページ】 面倒見が良いからと言ってキャプテンに向いているわけではない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第61回 上田誠さん(元慶應義塾高等部監督)「なぜ現代の指導者、選手はSNSを活用するべきなのか?」 【中編】【名将たちの言葉】
第60回 上田誠さん(元慶應義塾高等部監督)「エンジョイ・ベースボールの基礎を作り上げたアメリカ留学」【前編】【名将たちの言葉】
第798回 3度目、そして「最後の」ドラフト会議を前に 谷田 成吾(徳島インディゴソックス・外野手) 【2018年インタビュー】
第659回 逆襲の横浜、完ぺきな内容で春制覇!南北ともに混戦模様に。【大会展望・総括コラム】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第538回 正木智也(慶応義塾)「この夏も神奈川の主役の座は譲らない」 【2017年インタビュー】
慶應義塾vs法政二【神奈川県 2014年春の大会 神奈川県春季大会】
慶応義塾vs向上【神奈川県 2011年秋の大会 神奈川県大会】
慶応義塾vs百合丘【神奈川県 2011年夏の大会 第93回神奈川大会】
習志野vs慶応義塾【2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会】
慶応義塾vs桐蔭学園【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
慶應義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム