第12回 桐蔭横浜大(神奈川)齊藤 博久監督「選手主体のゲームプラン作り」【前編】2017年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]対戦投手の対策法
[2]信頼関係がもたらす選手起用
[3]桐蔭横浜大強さのワケ

 桐蔭横浜大を全国クラスの強豪に育て上げ、12年の明治神宮大会では創部わずか7年目ながらチームを日本一に導いた齊藤 博久監督。今春の神奈川大学野球リーグでも10戦全勝で完全優勝を果たし、09年以来9年連続で春か秋のいずれかのシーズンでリーグ優勝(13年は春秋連覇)している桐蔭横浜大は、どのようなゲームプランを立てて試合に臨んでいるのだろうか?

対戦投手の対策法

齊藤 博久監督(桐蔭横浜大)

 トーナメントで行われる高校野球とは異なり、大学野球の主戦場はリーグ戦。いつ、どのチームと対戦するのか、日程が事前に発表されるため「リーグ戦の期間中は、火曜の朝に週末の試合に向けたミーティングをやります。そして、金曜まで準備をして土曜から試合というスケジュールになるのですが、リーグの開幕週などはやはりウェイトが大きいので1ヶ月前から対策をしています」と、ある程度の準備期間が与えられることになる。

 ミーティングの内容だが、具体的には「相手投手のフォームや球種を分析してチーム全体で情報を共有し、どうやって打っていくのか。どうやって足を絡めていくのかを話し合います」。

 また、対戦する相手投手は、過去に何度も顔を合わせたことがあるピッチャーの場合も多いため「まずは選手に登板が予想されるピッチャーの印象を聞いて、どうやったら打てるのか意見を出してもらいます。その意見をコーチ、そして監督の私が確認して『どのボールを狙って、どのボールは捨てるのか。ここだけは徹底してやっていこう』というテーマを掲げて練習をしていくわけです。

 例えば、スライダーが良いピッチャーが相手なら、バッティング練習の時に2ヶ所は低めのストライクかボールかギリギリのところにスライダーが来るようにマシンを設定して、見極めながら打つ練習をします。この時、キャッチャーを必ずつけて、バッターに今の球がスイングするべき高さのボールだったのかどうかを知らせるようにしています。

 そして、同時に別のゲージではすっぽ抜けて甘く入ってくる球を想定して真ん中にスライダーが来るように設定し、気持ちよく打てる場所も作ります。こうして火曜から金曜までの4日間、徹底的に練習をするのですが、ここまできっちりと対策するのは相手の主力投手の数名で、それ以外の投手については情報だけ頭に入れておいて、試合に出てきたらその場でもう一度確認するという感じですね」

【次のページ】 「何点勝負か」からプランを練る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第773回 筑川コーチと二人三脚で成長 伸びしろは無限大!齋藤友貴哉(Honda)【後編】 【2018年インタビュー】
第769回 「投手人生を大きく変えた桐蔭横浜時代」 遅咲きの153キロ右腕・齋藤 友貴哉(Honda)【前編】 【2018年インタビュー】
第14回 桐蔭横浜大(神奈川)齊藤 博久監督「緻密な戦術は組織作りと日々の練習で練られるもの」【後編】【名将たちの言葉】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム