目次
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 大正13年に高崎実践女学校として創立、平成6年に男女共学となった高崎経済大学附属高等学校。群馬県高崎市唯一の市立高校です。
高崎市といえば、元日に行われる全日本実業団対抗駅伝大会が行われる街であり、日本一のだるまの産地でもあります。また、オーケストラのある地方都市でもあり、「音楽のある街」として関連活動が盛んです。
そんな環境から、高崎経大附には芸術コースの中に音楽系もあり、定期的にコンサートを開いています。

 また、部活動も盛んで文化部はもちろん、陸上競技部や水泳部、ダンス部などの運動部も優秀な成績を収めています。
もちろん野球部も、近年レベルが非常に上がっている群馬県で、2014年に夏ベスト4、昨夏ベスト16と勝ち星を重ねています。
強豪校と渡り合うため、「8回の攻防」を意識する高崎経大附ナインに、この冬の意気込みをうかがいました。

チーム基本情報を紹介!

■高崎経済大学附属高校の柊 友也君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が22人、2年生は12人の合計34人います。内マネージャーが2人です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 校庭に野球部専用の練習スペースと雨天練習場があります。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。