第66回 名門松商学園と佐久長聖を中心だが上田西など新勢力も絡み合う【長野・2018年度版】2018年05月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]長野の高校野球を語る上で欠かせない松商学園
[2]近年は佐久長聖を軸に、新鋭の上田西などが追いかける

長野の高校野球を語る上で欠かせない松商学園



直江 大輔(松商学園)

 長野県の高校野球といえば松商学園である。前身の松本商時代から、県内を引っ張ってきた。初めて甲子園球場に舞台が移った1924(大正13)年夏には準優勝を果たしている。その2年後の26年春にも決勝で広陵に敗れて準優勝となる。広陵との因縁は強く、27年春夏もいずれも準決勝で広陵に敗れている。この因縁は続いて、広陵を1回戦で下した28年夏には、それで勢いづいて快進撃を果たして全国の頂点に立っている。そして63年後、センバツ決勝に進出した際にも、またしても広陵と当るのだった。
 天敵となった広陵とは甲子園で都合6回顔を合わせている。1勝5敗と分が悪いが、決勝で二度当たっている他、勝った方がいずれも決勝進出しているというのも興味深い因縁ともいえる。

 その松商学園の最大のエポックとなったと言えるのが1991(平成3)年のことである。この年のセンバツに5年ぶりに出場を果たした松商学園は、長野県勢としては久々に前評判の高いチームだった。エースの上田佳範(日本ハム→中日)が安定しているというのが最大の要素だったが、1回戦で愛工大名電を3対2と1点差で退ける。当時の愛工大名電にはイチロー(オリックス→MLB)がエースで3番でいたが5打席を無安打に抑えている。
 これで勢いづいた松商学園、2回戦では前年夏の優勝校で夏春連覇に挑んだ天理を完封。さらに準々決勝では優勝候補筆頭だった大阪桐蔭も完封。準決勝では国士舘も完封して決勝進出を果たす。65年ぶりの決勝進出の相手が、当時と同じ因縁の広陵だった。5対2のリードから7回に追いつかれ、結局サヨナラ負けで優勝を逃すのだが、長野県は久々に高校野球に燃えた。

 この大会で上田投手の評価はさらにあがったが、夏も甲子園に出場。県勢としては久し振りに前評判が高かった。夏も、松商学園は3回戦で井手元健一朗(中日→西武→JR東海)のいる四日市工に延長16回の末に満塁で、上田が頭部に死球を受けサヨナラ押し出しで下している。結局準々決勝で、力尽きて松井秀喜が2年生で四番に据わっていた星稜戦で敗退する。多くの長野県人は、この年の高校野球だけは強烈に記憶しているという。

【次のページ】 近年は佐久長聖を軸に、新鋭の上田西などが追いかける

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
高岡商vs佐久長聖【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
第31回 佐久長聖高等学校(長野)【2年ぶり8回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
佐久長聖vs旭川大高【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第745回 前評判通りに佐久長聖が優勝!長野の夏を総括する!【大会展望・総括コラム】
第745回 【2日目見所】16年覇者・作新学院、選抜覇者・大阪桐蔭が対戦!北海道勢は2校が登場!【大会展望・総括コラム】
佐久長聖vs上田西【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs松本国際【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
佐久長聖vs岡谷南【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第30回 信濃グランセローズ 竜太郎 選手兼コーチ 【2009年インタビュー】
上田西 【高校別データ】
岡谷工 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
創造学園大附 【高校別データ】
地球環境 【高校別データ】
東海大諏訪 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
松本国際 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム