第2回 1試合平均安打が多いチームは?選抜出場校トップ3を紹介!2016年03月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜出場校をデータでランキング!今回は1試合平均安打に注目してみました。平均安打が多いということは、常に出塁をして、塁上を賑わせているということ。それだけ得点できるチャンスが高いということです。
最も1試合平均安打を打っているチームはどこなのでしょうか?

1試合平均安打をランキングで紹介!

九鬼 隆平(秀岳館)

1位 秀岳館 14.07
2位 大阪桐蔭 13.67
3位 八戸学院光星 13.60

 秀岳館の14.07はまさに圧巻。個人を見ていくと九鬼 隆平選手2015年インタビューは23安打、4本塁打、23打点と素晴らしい成績を残しています。また20安打を放っている木本 凌雅選手も素晴らしい成績。またこの2人を除いても10安打以上を打っている選手が5人おり、とにかく打ちまくっているのが分かります。初戦の相手は今大会屈指の左腕・高橋 昂也擁する花咲徳栄。簡単には打ち崩せない相手だけに、秀岳館の対応力が問われる試合です。もし高橋投手を打ち崩すことになれば・・・。今大会は打撃面で大きくクローズアップされることになることでしょう。

 2位は大阪桐蔭大阪桐蔭はチーム打率1位、そして平均安打は2位で、なんと13.67。大阪、近畿の各チームは大阪桐蔭の猛打を止めることができなかったと言えます。選抜でもこの猛打を見せることができるか?ちなみに大阪桐蔭打線が最も苦しんだのは滋賀学園神村 月光投手2015年インタビュー近畿大会決勝で対戦しましたが、4安打にとどまっています。神村投手が選抜でどんな投球を見せるかも楽しみですね!

 3位は強打で有名な八戸学院光星で、平均安打は13.60。本塁打は何と8本出ていて、長打力も健在です。あまり評判を聞かない今年の八戸学院光星ですが、データを見るとかなり優秀な数字が出ています。情報が少ないだけに不気味ですし、はまると今年の八戸学院光星はかなり怖いチームかもしれません。

 いかがでしたでしょうか。この3チームが評判通りの強打を見せることができるか、注目していきたいですね。

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第48回 ケガをきっかけに速球派サイドに!山田怜卓(八戸学院光星)はチームに欠かせない絶対的なリリーフエースとなった【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
神村 月光(滋賀学園) 【選手名鑑】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム