第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】2019年05月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「首都の盟主」の基盤を作った故・原貢氏の存在
[2]1900年代に輩出した東海大学出身のプロ野球選手を一挙紹介

 東海大学野球部と言えば、読売巨人軍の監督に復帰した原 辰徳監督と、その甥っ子であり巨人軍のエースもある菅野 智之が象徴的な存在となっているが、その他のOBを見渡しても、多士済々な顔ぶれが並ぶ。今回は、そんな東海大野球部の歴史を振り返りながら、OBのつながりも見ていきたい。まずは、1990年代に卒業したOBから見ていこう。

「首都の盟主」の基盤を作った故・原貢氏の存在



東海大相模時代の原辰徳監督(巨人)

 東海大学野球部の歴史を語る上で、欠かすことが出来ないのが故・原貢氏の存在だ。
 今では「首都の盟主」の異名を全国に轟かせる東海大学野球部であるが、大きな盛り上がりを見せ始めたのは、故・原貢氏が息子である原辰徳の進学と共に東海大学野球部監督に就任してからだ。

 原 辰徳の人気に引っ張られるような形で、東海大の名は一気に全国区となり、プロ野球選手の排出速度も一気に加速していった歴史がある。

 1980年、原 辰徳が卒業時には、津末英明、市川和正の2名も同時にプロ入りを果たし、その後も井辺康二や青山道雄、高野光に内田強といったプロ野球界で長く活躍を見せた選手が、続々とプロ入りを果たした。

 さらに内田強の1学年下には、現在、読売巨人軍のスカウト部長を務める長谷川国利がプロ入りし、さらに同学年には日立製作所野球部監督の和久井勇人監督や東海大学野球部前監督の横井人輝氏も在籍。



東海大菅生の監督して2017年の全国高校野球選手権大会でベスト4に進出した若林弘泰監督

 その下の世代でも、現在の東海大学野球部監督を務める安藤強監督や、渡辺伸治や佐藤真一といったプロ野球選手が誕生し、現在の東海大菅生の監督を務める若林弘泰監督も1988年に東海大学を卒業した世代になる。
 1980年代のOBでも、日本の野球界を牽引する人材が揃っており、その多彩な顔ぶれに非常に驚かされる。

 そして1990年代に入ると、現在の東海大相模監督の門馬敬冶監督を輩出する。門馬監督は、東海大相模高校時代は主将を務めるも、大学時代は怪我のためマネージャーに転向し、監督に再就任していた原貢監督から薫陶を受けたのだ。

 さらに門馬監督の2学年下には、後にメジャーリーガーとなり、WBCでもストッパーとして獅子奮迅の活躍を見せた大塚晶則氏が在籍。
 門馬監督の存在や、大塚氏の活躍が、2000年代の東海大学の隆盛の礎となったと言っても過言ではないだろう。

【次のページ】 1900年代に輩出した東海大学出身のプロ野球選手を一挙紹介

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs湘南学院【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大高輪台vs日大豊山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第14回 鵜沼魁斗(東海大相模)「走攻守三拍子揃った巧打の外野手は愛されキャラ!?チームを1つにさせる重要な存在」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
東海大市原望洋vs君津【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
東海大浦安vs市立松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第1033回 2011年夏の甲子園で選手宣誓!元金沢主将の石田翔太さんが振り返る甲子園 【2019年インタビュー】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
原 辰徳(延岡学園) 【選手名鑑】
原 辰徳(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム