目次

[1]手のひらはボールに向けすぎない方がいい
[2]セオリーと異なる捕球法に行き着いた背景
[3]ポイントは中指と薬指

 2015年度の都市対抗を制した社会人の名門・日本生命。18年ぶりの優勝劇の大きな要因に挙げられたのが、本戦5試合で失策1という高いディフェンス力だ。中でも、スピードと確実性を兼ね備えた二遊間の守備力は社会人球界随一。そのハイレベルな技術が築かれた背景を探るべく、大阪府吹田市に位置する日本生命グラウンドを訪ねた。

手のひらはボールに向けすぎない方がいい

一般的な捕球する形を見せる十河 章浩監督

「テーマは守備の基本ですか。難しいテーマですねぇ…。一口に基本と言っても、人によっていろんな考え方がありますからね」
インタビュー開始早々、苦笑いを浮かべ、そう語ったのは日本生命を率いる十河 章浩監督だ。現役時代は名内野手として名を馳せ、日本代表に選出された1992年のバルセロナ五輪では正遊撃手として活躍。監督となった現在も内野手の指導は十河監督が行っている。

「ゴロの捕球方法にしても、私の考える基本は一般的に世間で言われている基本とは違うと思います。世間でよく言われるゴロ捕球の基本として『手のひらの面をボールにしっかりと向ける』『グラブを立てる』といった表現がありますよね?」
その表現は、かつて高校球児だった筆者も、数えきれないほど耳にしてきた。

「でも私は手のひらを向けすぎない方がいいという考え方なんです。コロコロと前から緩く転がってきたボールをグラブをはめずに、自然な形で両手で捕るとしたらどのように捕ります?」
十河監督から唐突な質問が飛んできた。右利きの筆者は左手の指を下にし、手の平をボールに向け、捕球の形を作った。

「『ゴロとはこう捕るべき!』という形を刷り込まれた野球経験のある人ほど、そういう形を作る傾向が強いんですよ。でも野球経験のない人だったら、きっとこのような形で転がってきたボールを捕ると思うんです」

 十河監督は左右の手の平が互いに向き合うような形で両腕を前方にすっと出した。


「人間って自然に手を出せば、このような形になるはずなんです(写真左)。あとは、この手の向き、角度を変えずにグラブをはめるだけ。そうすると、私が考える両手でゴロ捕球をする際の基本の手の形になります(写真中)。もっと極端に言うなら、ぶらりと下に下ろした手をそのまま前に出すくらいの手の角度、といった方がイメージしやすいかもしれません(写真右)」

 たしかにこれだとグラブの面がボールに向いているとは言い難い手の角度が生まれる。グラブを立てるというよりは、横にしているという表現の方が近い。
「グラブの面をあまり向けるな、なんて言われたことないでしょ?うちに入ってくる選手たちも過去に言われたことがないので、これが両手でゴロを捕る時のグラブの角度だと教えると、みんな最初はびっくりしますね」

このページのトップへ