この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
【10月特集】今こそ鍛えたい!守備のキホン
新チームになって最初に迎える公式戦・秋季大会で見えてきたチームの課題があるかと思いますが、その中でも「守備力」をさらに向上させたいと考えている選手も多いのではないでしょうか。オフシーズンを前に、この10月にもう一度、「投げる」「取る」の守備力を鍛えていきましょう。

野球部訪問

  • 桐生第一(群馬)
    【10月2日公開】桐生第一(群馬)【後編】

    後編では、福田監督に投げ方で選手に指導している2つのポイント、また高校野球で比重が大きいとされるメンタルについて語っていただき、選手達にも守備に対する考え方を伺った。

  • 桐生第一(群馬)
    【10月1日公開】桐生第一(群馬)【前編】

    投手を中心とした守りの野球を貫いている桐生第一。99年夏に全国制覇をはじめ、過去に春4回、夏は9回の甲子園出場を誇る。今回は、桐生第一が守備の基本で大事にしていることなどを中心に守備に対する考えをじっくりお聞きしました。

  • 岩国(山口)
    【10月12日公開】岩国(山口)

    昨年、春夏連続で甲子園に出場するなど、常に高い守備力を武器に勝ち上がりをみせる岩国。チームの伝統としても、毎年しっかりと鍛え上げられる守備について、今回はチームとしての取り組みや選手の意識など含めて、お話を伺いました。

  • 報徳学園(兵庫)
    【10月16日公開】報徳学園(兵庫)

    毎年、強いチームを作り上げる報徳学園だが、その守備力にも大きな注目が集まっている。普段の練習での守備の練習法や工夫など、報徳学園の守備力の秘訣を探りました。オフシーズンを前に真似たい取り組みとは?

都市対抗優勝チーム・日本生命の日本一の内野守備

仁志敏久の守備講座

2015年秋季大会

このページのトップへ