第10回 濱野 雅慎投手 (JR九州) 「調子が悪い時のセルフコントロール」2014年04月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]コントロールすることから始まった
[2]調子が悪い時ほど冷静になれる。良い時ほど落とし穴がある
[3]リズム、ストライク先行、コントロールなど見えにくい部分を磨くことが大切


実戦で勝てる投手になろう

 社会人野球を代表する右サイドハンド・濱野 雅慎投手。サイドハンドから投げる切れ味鋭いスライダーをコンビネーションに次々と強豪社会人を下し、2009年日本選手権優勝、2010年都市対抗準優勝を経験。今回は濱野投手から、調子が悪い時のセルフコントロール、テンポ、勝つ投手になるために身に付けなければならないものなどいろいろお話を伺いました。

コントロールすることから始まった

――入社した当時は、どんなことを目標に立てて練習に取り組んでいましたか?

濱野 雅慎投手(以下「濱野」) 1年目の時は、真っ直ぐとスライダーしかなかったので、まずはその2つを自分の投げたいところにコントロールすることを目標にしました。

――それが勝てる投手になるための第一歩だったのですね。

濱野 やっぱりしっかりとコントロールできないと捕手はリードがしにくいですし、最低限、ストライクが取れないと試合が作れないので、『自分が持っている球種をコントロールすること』が大事だと思っています。

――勝つ投手になるために、いろいろな身に付け方があると思いますが、例えば先輩投手から学んだことはありますか?

濱野 入社した時は入った米藤 太一さんという左の技巧派がいました。真っ直ぐが130キロ中盤ぐらいで、カーブ、スライダー、スクリューを持っていましたが、ボールの出し入れ、緩急がしっかりしていて、僕も真っ直ぐが速いほうではなかったので、米藤さんの投球術を参考にしていました。

――米藤さんからは何か教えてもらったのでしょうか?それとも見て学んだのでしょうか?

濱野 見て学ばせていただいたことが多いですね。たとえば、打者が打ってこないのを察知して、真ん中に投げてストライクをとっていたので、そういう投球を見ながら参考にしていました。

――自分が思い描いた投球が出来るようになったのは何年目ぐらいでしょうか?

濱野 やはり3年目(2009年)の日本選手権で優勝した時だと思います。まだその前は、厳しいコースを突こうと思っても、甘く入って打たれていました。日本選手権優勝の時はそれがなく、イメージ通りの投球が出来ました。

――なるほど。とはいえ、その前からスライダーを軸とした投球で、社会人の強打者を抑えているイメージが強かったですね。

濱野 スライダーしかなかった分、自信は持っていましたし、そのスライダーを生かす投球をしなければならないと思っていました。捕手の意図としたところに投げられないと、普通の投手になってしまうので、スライダーをしっかりとコントロールすることを意識しています。

――日本選手権でも、都市対抗でも準優勝。勝つために理想な投球が出来たと思いますが、当時、どういった試合の準備をしていたことを覚えていますか?

濱野 まず自分のボールをしっかりと投げることですね。相手どうこうというのは気にせずに、自分のフォームで、自分のボールを投げることを意識して、練習に取り組んでいます。

――事前に分析はするタイプでしょうか?

濱野 僕個人としてやっていなくて、チームとして分析をしています。大会前だと相手チームのビデオを何本か見るんですけど、その時、投手が何人か集まって、捕手と話し合ったり、その時にこうかなと話し合っています。

――分析は仲間でしたほうが良いのですね。

濱野 分析においては個人一人より、仲間と一緒にやることが大切だと思います。自分の考え、見方は周りと違います。色々な意見を聞いて、対策をするというのはとても大切なことだと思います。

このページのトップへ

【次のページ】 調子が悪い時ほど冷静になれる。良い時ほど落とし穴がある

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神戸西vs滝川第二【兵庫県 2010年夏の大会 第92回兵庫大会】
神戸西 【高校別データ】

プロフィール

佐竹 功年
濱野雅慎(はまの・まさみつ)
  • JR九州
  • 経歴:神戸西高、国士舘大
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:184センチ/85キロ
  • 生年月日:1984年12月3日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム