試合レポート

報徳学園が昨年に続き大阪桐蔭を倒して4強、22年ぶり優勝へM2

2024.03.28


今朝丸裕喜(報徳学園)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:報徳学園4-1大阪桐蔭>◇28日◇準々決勝◇甲子園

報徳学園(兵庫)が大阪桐蔭(大阪)を破って昨年に続き4強入りを果たし、2002年以来、22年ぶりのセンバツ優勝へM2とした。

先発の今朝丸 裕喜投手(3年)が自慢の速球を武器に、強打の大阪桐蔭打線を113球5安打1失点に抑えて完投勝利。大阪桐蔭の先発・平嶋 桂知投手(3年)との対決にも勝利した。今朝丸は「秋に敗れているので、そのリベンジができた。今日は余裕があり、力を入れたり、8割の力で投げることを意識したりすることができた」と声を弾ませた。女房役の徳田 拓朗捕手(3年)は「今日の今朝丸のストレートの勢い、コントロールならばストレート勝負できると思った」と強気の攻めも功を奏した。

打線は初回に2点を奪って序盤をリードすると、1点を返された8回の裏に2点を追加してダメを押した。

昨年センバツの準決勝カードの再現となったが、昨年に続き報徳学園が勝利。報徳学園にとっては、昨年秋の近畿大会の準々決勝で敗れたリベンジを果たしたことになる。

大角監督は「今朝丸は精神面の成長が感じられます。投げて抑えるだけではなく、守備でも一生懸命やって抑える姿勢が見えたのは、秋からの成長点です。去年は大阪桐蔭を破ったことで満足した雰囲気があった。彼らはその失敗は知っていると思いますが、もう1度、締め直して行ければと思います」と昨年準優勝に終わった反省も今年に生かすつもりだ。

大阪桐蔭は守備の乱れも響いて失点を重ねたことが痛かった。1番の境 亮陽外野手(3年)が猛打賞をマークも、勝利には結びつかなかった。

<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
◆星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念
◆健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず
◆中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず
◆【一覧】大会8日目までの140キロ超え投手
◆【一覧】センバツ注目選手リスト

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.04.01

【春季鹿児島大会】国分中央が「監督の教え」を実践して接戦制する

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿屋農エース吉元が2試合連続の完封劇

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?