試合レポート

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28


青木勝吾、蔵並龍之介(中央学院)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:中央学院5ー2青森山田>◇28日◇準々決勝◇甲子園

中央学院(千葉)が青森山田(青森)に逆転勝ちを収め、春夏通じて初めて4強入りを果たした。千葉勢のセンバツ4強は2019年準優勝した習志野以来、5年ぶり。

初回に1点を先制されたが、2回に先発の蔵並 龍之介投手(3年)が同点打を放つと、1番・青木 勝吾外野手(3年)が2点適時二塁打を放って逆転。4回にも青木の2点適時二塁打を放って試合を決めた。青木は3打数3安打4打点の大活躍だった。

大会初登板先発の蔵並は8回途中1失点に抑えると、リリーフした颯佐 心汰内野手(3年)も1失点に抑え逃げ切った。蔵並は「投球練習でうまく投げられないことがあった。それでも相馬監督に投球のイメージを変えることだよ、とアドバイスをもらって、フォークをベースの手前ではなく、キャッチャーに捕ってもらうイメージで投げることができた」と聖地の初マウンドを振り返った。

リードした飯山 成夢捕手(3年)も「青森山田打線は前回の試合を見てインコースの使い方が鍵になるかなと思っていました。そこに投げられた蔵並はさすがだった。守る時間は長くて本当にしんどかった」と嬉しそうに汗を拭った。

青森山田は、毎回走者を出しながら決定打が出ずに初の4強はならなかった。しかし、木製バットを使用する吉川 勇大内野手(3年)が全打点をたたき出す3安打2打点、同じく木製バットを使用する対馬 陸翔外野手(3年)も3安打をマークするなど、新基準バット採用の初の大会で「新たな風」を吹かせた。

<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
◆星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念
◆健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず
◆【一覧】大会8日目までの140キロ超え投手
◆【一覧】センバツ注目選手リスト
◆「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード