News

「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”

2024.03.24


颯佐心汰(中央学院)、田中陽翔(健大高崎)、平野天斗(山梨学院)

飛ばない「新基準バット」が導入された今センバツは、大会の約半分を消化して、ホームランはわずか2本。昨年は大会全体で12本、明らかに長打は減っている。
長打が出にくくなったことで、外野手の守備位置は変化した。一方で内野守備はどうだろう。センバツに出場している選手・監督に話を聞いた。

現役時代はショートとして活躍していた明豊の川崎 絢平監督が、その変化を詳しく語ってくれた。
「ゴロがエラーしそうな打球にならない。以前は野手の近くに打球が来ても、スピンがかかった打球になってしまうので、それを捕球できずにエラーになることがありました。
新基準バットになったことで、打球が内野手に近づいた時はある程度、捕りやすい打球となっています。打者が打った時の初速もそうですし、セカンド、ショートに到達するときのスピードが変わってきているので、丁寧にやれば、捕球できると思っています」

選手たちも打球の失速を感じている。健大高崎田中 陽翔内野手(3年)は以前よりも前に突っ込むことが多くなった。
「あまり打球が“来ない”ですね。前に出る意識はあります。ただ、自分が登場した試合は第3試合なので、グラウンドが荒れやすくなっていて、イレギュラーしやすいのは変わりないと思っています」

山梨学院平野 天斗内野手(2年)は京都外大西戦で好守備を見せたが、打球は処理しやすいと感じている。
「去年よりは打球が弱くなっているので、足を動かして、捕るように意識しています。バットが変わってから捕りやすくなっています」

昨年のセンバツ優勝に貢献した好ショート・進藤 天内野手(立教大)から守備を教わり、レベルアップしてきた。
「捕球位置を前にすることです。以前はグラブを足の近くに置いていたのですが、それだけ幅が使えないので、前にすることで、操作性が広がりいろんな打球に対応ができました」

中央学院の好ショート・颯佐 心汰内野手(3年)は準備段階のステップを変えた。
「芯に当たった時の打球速度はそんなに変わりないですが、詰まった時の打球速度はぜんぜん違うので、前に行く必要があります。以前はスプリットステップ(打者が打つ瞬間に軽くジャンプして、打球反応を良くする予備動作)をしていたのですが、今は打球が来なくなるので、気持ちを前に行くイメージで守っています」

各校の内野手にも話を聞いても以前よりも前に行き、足を動かして打球を処理するという答えが多かった。大会5日目を終えて本塁打はわずかに2本で、それだけではなく、明らかな長打性の打球も減ってきている。接戦も多くなり、内野守備の重要性もより高まっている。

2回戦以降の各校の内野手の準備にもぜひ注目してほしい。

【関連記事】
「意外と点が入る」新基準バット、勝利を摑むチームの「3つの条件」とは?
遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」
【センバツドラフト候補・注目野手編①】新基準バットも関係ない!ラマル、モイセエフなど大会を盛り上げる8人のスラッガーたち!
【センバツドラフト候補・注目野手編②】7人の逸材遊撃手を紹介!
明豊のサヨナラを呼び込んだ木村留偉の快足! ”飛ばないバット”でロースコアが続く中、重要さを増す機動力

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード