News

「意外と点が入る」新基準バット、勝利を摑むチームの「3つの条件」とは?

2024.03.06


新基準バットを使用する三井雄心

今年の高校野球では、大きなルール変更が行われた。その一つが、新基準バットの導入だ。3月18日開幕のセンバツを皮切りに全公式戦で使用されることになる。
この新基準バットは、投手の安全面に考慮したものとなっており、以前のバットより飛びにくいと言われている。

昨秋は「飛びにくい」と評判も、一冬越えると「打撃戦」が各地で……

昨年秋、高校球界では「“飛ばないバット”の導入により、バントや機動力を駆使した野球が一層展開されることになる」との予想が大方だった。当時の指導者の声を振り返ってみよう。
「今まで以上にきちんと、送るべきところは送るということを徹底していかないといけません」(享栄・大藤敏行監督)
「以前の金属とは打球の角度や飛距離が違う。外野手の打球判断を誤る場面も見受けられます。より確実に当てないといけません。ほとんどの選手がミスショットになっていました」(本庄東・田中和彦監督)

選手も飛ばないバットを実感していた。
昨秋の明治神宮大会・北海作新学院戦で、北海はいち早く新基準バットで公式戦を戦った。結果は延長10回3安打。得点はタイブレーク時の死球のみ。長打もなく、打球も強さはなかった。北海の打球を見た作新学院小森 一誠外野手(2年)はこう感想を漏らした。
「守っていても、ボールが飛びにくい感じがしました。以前のバットだと『ここまで飛ぶかな』という予測よりも前で失速する感じです」

2024年の高校野球はロースコアの試合が増えるのでは、予想した人は多かった。

一冬越えて、2024年3月。対外試合が解禁となると、この予想は覆された。
各校の練習試合のスコアを見ると、意外と点が入っているのだ。センバツ連覇を狙う山梨学院浦和学院の試合では、浦和学院が8対2で勝利。16安打中、長打が7本だった。

浦和学院対山梨学院の練習試合スコア

また、智辯和歌山(センバツ不出場)はセンバツ出場校・耐久相手に12対5と大勝。伝統の強打は健在の様子だ。

次のページ:フライは失速するが、ライナー性の打球が…

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.27

青森山田がミラクルサヨナラ劇で初8強、広陵・髙尾が力尽きる

2024.03.27

【神奈川】慶應義塾、横浜、星槎国際湘南、東海大相模などが勝利<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

中央学院が2戦連続2ケタ安打でセンバツ初8強、宇治山田商の反撃届かず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】