News

【センバツドラフト候補・注目野手編②】7人の逸材遊撃手を紹介! 中央学院の“今宮健太2世”の強肩、元ロッテ投手の父を持つ健大高崎大型遊撃手など

2024.03.01


第96回選抜高等学校野球大会には、好遊撃手が多数出場する。注目のショートストップを紹介していきたい。

プロ注目では颯佐 心汰内野手(中央学院)、田中 陽翔内野手(健大高崎)の2人が挙げられる。颯佐は、脚力の高さを生かした守備、走塁が持ち味のスピード型の野手。マウンドに上がると、140キロ前半の速球を投げ込む強肩があり、深い位置からでも鋭い送球を見せる。そのプレースタイルに今宮 健太内野手(明豊-ソフトバンク)を彷彿とさせるという声もあがっている。
課題は打撃。まだスイングスピードの速さ、パワーに欠けるところがあり、技術的に改善が見え、打撃面でも力強さが増せば、大きく評価は高まる選手になるかもしれない。

颯佐 心汰(中央学院)

田中は中学時代から注目されてきた大型遊撃手。父はロッテなどに投手として在籍した元プロ野球選手・田中 充氏(東練馬シニアコーチ)。1年春からベンチ入りし、関東大会にも出場。強肩強打を発揮し、1年秋に取材した時、「ドラフト上位を目指したい」と語っていた。苦しむ時期もあったが、昨秋の公式戦では9試合で34打数16安打を記録。振り幅が大きいスイングから繰り出す打球は強烈なものがあり、ショートの守備も強肩が光る。
打撃練習や、芯で捉えた時の打球はドラフト候補と思わせるものがある。あとは公式戦で攻守ともに目立つパフォーマンスを見せていきたい。

田中 陽翔(健大高崎)

幌村 魅影内野手(北海)は昨夏の甲子園も経験し、フットワークが軽快な守備と速球投手に振り負けせず、広角に打ち分ける打撃が秀でている。

幌村 魅影(北海)

次のページ:星稜の吉田大吾ら4人の逸材遊撃手を紹介!

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード