Column

明豊のサヨナラを呼び込んだ木村留偉の快足! ”飛ばないバット”でロースコアが続く中、重要さを増す機動力

2024.03.20


※写真はイメージ

第96回選抜高校野球大会第2日、第2試合は、明豊(大分)が敦賀気比(福井)に1対0でサヨナラ勝ちを収めた。0対0で迎えた9回に、2死一、二塁から、石田 智能捕手(3年)が右前打を放って初戦突破を決めたが、勝利を決めたホームに入った二塁走者の足に目が行った。

明豊の二塁走者は木村 留偉外野手(3年)だった。9回1死から中前安打で出塁し、二塁に進んでいたが、その俊足には恐れ入った。9回サヨナラの場面、敦賀気比の外野陣は通常のポジションより前にきていた。二塁走者が本塁にかえるのは難しいと思える状況だった。サヨナラが決まる場面でもあり、2死でもあることから本塁突入はセオリーではあるが、そのなかでもセーフにしてみせた。

敦賀気比の右翼手、野道 諒彌外野手(3年)の本塁送球も、やや右にそれたものの、決して悪くなかった。球審が両手を広げサヨナラ負けが決まった時、野道はしばらく動けなかった。

木村は7回の第4打席でも俊足を披露していた。左中間へのライナー性の打球で一気に二塁を陥れた。打球を処理した中堅手も素早く打球を処理し、二塁へ送球したが間に合わなかった。

木村の俊足がなければ、明豊のサヨナラ勝ちもなかったかもしれない。

今センバツから飛ばない新基準のバットが使用されている。開幕から2日がたち、やはりロースコアのゲームが目立つ。今後もやはり、足を使った攻撃ができるチームが勝ち上がっていくのではないか。俊足の選手がいるだけでなく、それを生かす走塁の意識の高さもないと意味がない。

決して派手さはないが、高校野球で勝利するために、「足」の重要性がますます高まることは間違いない。

<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 19日結果一覧
◆【センバツ】飛距離は明らかにダウン、外野守備位置も前に…「新基準バット」が甲子園を変えた
◆【一覧】今年も逸材揃い!センバツ注目選手リスト
◆【センバツ3日目みどころ】全試合完投、耐久の大黒柱・冷水と中央学院の機動力の対決に注目!
◆センバツ初日は140キロ超えを5人がマーク!関東一・坂井が最速146キロ、平均球速140キロを叩き出す【140キロ超え投手一覧】

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】