試合レポート

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28


箱山遥人、佐藤龍月(健大高崎) ※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:健大高崎6ー1山梨学院>◇28日◇準々決勝◇甲子園

健大高崎(群馬)が、昨年覇者の山梨学院(山梨)相手に、投打に圧倒して快勝。「機動破壊」で一世を風靡した2012年春以来、12年ぶりの4強に駒を進めた。

5回に4点を奪うと、7回にも3連打で2点を追加して勝負を決めた。長打も3本も飛び出し、今大会3試合目で初めて2ケタ10安打をマークしての快勝だった。

2安打1打点の2番・田中 陽翔内野手(3年)は「3試合目でようやく自分の打撃ができて、思い切り振れるようになった」と振り返り、同じく2安打1打点の3番・高山 裕次郎内野手(3年)は「冬場は基礎練習をずっと繰り返してきた。併殺の場面は自分がベースを踏んで投げたほうがアウトにできる確率が高いと思っていました」と守備面での好プレーに胸を張った。元プロ野球選手・田中充氏を父に持つ田中と、広島の高山健一スカウトの次男・高山の「2世二遊間コンビ」が攻守で活躍。7回はこの2人の連続二塁打で1点を奪うシーンも見られた。

昨年秋の関東大会準決勝の再現となったが、この時敗れていた健大高崎がリベンジを果たした。

山梨学院は打線が4安打に抑えられ1点止まり。連覇の夢は途絶えた。

<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
◆【一覧】大会8日目までの140キロ超え投手
◆【一覧】センバツ注目選手リスト
◆【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編
◆「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”
◆【センバツ】大胆4強予想、星稜、広陵、報徳学園に健大高崎か

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.27

青森山田がミラクルサヨナラ劇で初8強、広陵・髙尾が力尽きる

2024.03.27

【神奈川】慶應義塾、横浜、星槎国際湘南、東海大相模などが勝利<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

日本大の新入生が逸材揃い!九州学院の本格派右腕、大垣日大の強打のセカンド、甲子園ベスト4の土浦日大のスラッガーに注目

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】