News

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28


左から能美誠也(星稜)、箱山遥人(健大高崎)、颯佐心汰(中央学院)、今朝丸裕喜(報徳学園)

第96回選抜高校野球大会は28日、準々決勝4試合が行われ、星稜(石川)、健大高崎(群馬)、中央学院(千葉)、報徳学園(兵庫)がベスト4入りを決めた。

第1試合は星稜が先発・戸田 慶星投手(2年)の完封劇と集中打で、5対0と阿南光(徳島)を圧倒し、センバツ初の4強入りを果たした。打線は2回の4連打を含めて序盤で4点を挙げて主導権を握ると、今大会初先発だった戸田は9回2安打無四球完封。石川県勢としても、センバツ初のベスト4入りに貢献した。

第2試合では健大高崎が連覇を狙う山梨学院(山梨)に6対1で快勝。2012年以来、12年ぶりの4強に駒を進めた。5回に4点を奪うと7回には3連打で2得点。長打も3本も飛び出し、今大会3試合目で初めて2ケタ10安打をマークしての快勝だった。

第3試合は中央学院青森山田(青森)に5対2で逆転勝ちを収め、春夏通じて初めて4強入りを果たした。千葉勢のセンバツ4強は2019年準優勝した習志野以来、5年ぶり。初回に1点を先制されたが、2回に先発の蔵並 龍之介投手(3年)が同点打を放つと、1番・青木 勝吾外野手(3年)が2点適時二塁打を放って逆転。4回にも青木の2点適時二塁打を放って試合を決めた。青木は3打数3安打4打点の大活躍だった。

第4試合は報徳学園(兵庫)が昨年に続いて大阪桐蔭(大阪)に勝利。昨年に続き4強入りを果たした。先発の今朝丸 裕喜投手(3年)が、113球5安打1失点に抑えて完投勝利。打線も初回に2点を奪って序盤をリードすると、1点を返された8回の裏に2点を追加してダメを押した。

第10日の準決勝、星稜健大高崎中央学院報徳学園は30日に予定されている。


<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 8日目までの結果一覧
◆【一覧】大会8日目までの140キロ超え投手
◆【一覧】センバツ注目選手リスト
◆【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?