News

創部2年で都市対抗出場・ハナマウイに大型新人加入! センバツ準優勝・習志野の主将、千葉明徳右腕コンビなど千葉出身の大卒選手が続々入部予定!

2024.02.07


高校時代の平 翔太郎(千葉明徳出身)、根本 翔吾(習志野出身)

千葉県富里市に本拠地に置くクラブチーム・ハナマウイが新人を発表した。同チームの選手は、高齢者向けのデイサービス職員として働いている。2019年に創部され、2020年には創部2年目で初の都市対抗出場。史上最速の偉業達成となった。全日本クラブ選手権でも2回出場しており、強豪クラブチームとして注目されている。

今年の新人では千葉県の高校出身の選手が目立つ。

平 翔太郎投手(千葉明徳-八戸学院大)は高校時代から140キロ台の速球を投げ込み注目されてきた。小栗 武尊投手(千葉明徳-大東文化大)は187センチの長身から角度のある速球を投げ込む。二人は右サイドの山越 健司投手(千葉明徳-拓殖大-鷺宮製作所)とともに注目されてきた右腕だ。

大野 晟瑠投手(桜美林-平成国際大-GOOD JОB倶楽部-石狩レッドフェニックス)は昨年まで、北海道の独立リーグ・北海道フロンティアリーグ(HFL)に属する石狩レッドフェニックスでプレーし、7試合登板だった。二出川 駿内野手(千葉黎明-城西国際大)は千葉黎明時代から巧打のセカンドとして活躍し、城西国際大では主にセカンド、ショートでリーグ戦に出場し、3年春ではレギュラーとして10試合に出場した。
岩井 晃介内野手(木更津総合-城西国際大)は5番ファーストとして活躍し、4年シーズンでは計3本塁打を放った強打者だ。

プロ志望届を提出した板垣 蓮外野手(尾道-城西大)、根本 翔吾外野手(習志野-中央大)は習志野時代、主将として、2019年のセンバツ準優勝を経験。俊足巧打の外野手として、勝利に貢献してきた。中央大では守備力が高く、粘っこい打撃で、ベンチ入りし、4年生では春秋合わせて11試合に出場した。

次のページ:ハナマウイ 新入団選手一覧

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

【埼玉】狭山ヶ丘がサヨナラ、川口市立が逆転で県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>