News

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!

2024.01.28


センバツ出場監督

第96回選抜高等学校野球大会の出場32校が決まった。今年も甲子園で実績を残してきた名将たちが多く出場する。今回は甲子園通算20勝以上の指揮官をランキングで紹介したい。

1位は西谷浩一監督(大阪桐蔭)で通算67勝を挙げている。夏の甲子園優勝4回(08年、12年、14年、18年)、センバツ優勝4回(12年、17年、18年、22年)と8度の全国制覇を達成しており、歴代1位の智辯和歌山前監督の高嶋仁監督の68勝まであと1勝。初戦突破すれば、勝利数が並び、そしてベスト8入りすれば、単独1位となる。2位は中井 哲之監督(広陵)の38勝。選抜2回優勝(91年、03年)。昨年の選抜ではベスト4入りしている。

3位の門馬敬治監督(創志学園)は、東海大相模時代に3度の選抜優勝(00年、11年、21年)、夏では2015年に優勝しており、計30勝を挙げている。

東北の名将も帰ってくる。学法石川の佐々木順一朗監督だ。仙台育英時代は2001年センバツ、2015年夏で準優勝を果たし、今年の出場校の監督では4位となる通算29勝を挙げている。
5位は多賀章仁監督(近江)で、28勝を記録。甲子園では01年夏、22年センバツで準優勝。特に山田 陽翔投手(西武)の在学期間で、12勝を記録。エース山田はすべて4強以上に導く快投を見せた。18年から23年の5年間で、夏5回、選抜2回とチームは黄金時代に入ってきている。

6位は仲井宗基監督(八戸学院光星)で、通算26勝。11年夏から12年夏まで3季連続で甲子園準優勝。そして昨夏の甲子園でもベスト8入りし、実績を挙げた。

7位タイでは、3人並んでおり、山梨学院の吉田洸二監督、作新学院の小針崇宏監督、敦賀気比の東哲平監督の21勝である。この3人は甲子園で優勝経験があり、吉田監督は清峰時代に09年選抜優勝、山梨学院では昨年の選抜で優勝。山梨県勢初の優勝となった。小針監督は16年夏の甲子園で、東監督は15年選抜で優勝を収めている。

名将たちは今大会でさらに勝ち星を増やすのか注目だ。

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>