News

投打で輝いた4試合、中央学院の颯佐 心汰に高校野球の原点を見た【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.04.01


颯佐心汰(中央学院)

<第96回選抜高校野球大会:報徳学園4-2中央学院>◇30日◇準決勝◇甲子園

敗戦の瞬間は、三塁走者として迎えた。報徳学園(兵庫)との準決勝で、中央学院(千葉)の颯佐 心汰内野手(3年)の思いは届かず、甲子園初勝利で始まったセンバツの舞台が終わった。

2点を追う9回。先頭打者として打席に入ると、中前安打を放ってチームを鼓舞した。甲子園で放った6本目のヒットで、逆転のきっかけを作ろうとした。その後、一打同点のチャンスまで広がり、三塁走者としてホームインを狙ったが、かなわなかった。

初戦の耐久(和歌山)戦から4試合すべてで安打を放った。5番打者として3打点を挙げた。この日の4回には一時は同点となる適時三塁打を放った。三塁へスライディングする際には、タッチをかいくぐろうと左へ体を傾けながら右手でベースタッチ。投手でもあるだけに大事にしたい右腕だが、勝利のためには関係なかった。

甲子園4試合、すべてでマウンドに上がった。すべてリリーフで最後まで投げ切った。すべての試合で失点は許したが、最速148キロの自慢の直球を武器にチームの勝利のために、腕を振った。チームは初勝利から初4強まで上り詰めた。投打に活躍した颯佐なしでは、なしえなかったかもしれない。

中央学院の背番号6が、打って、投げてと大活躍。高校野球の原点でもある姿を体現してくれたように思える。夏もきっと、その姿に変わりはないだろう。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】センバツ 結果一覧
編集部が選ぶ「センバツベストナイン」!防御率0.00の2年生左腕、周東級の俊足野手など超高校級の逸材たち
【センバツ】ホームラン激減!31試合でサク越えはたったの2本、新基準バットの影響でピークの10分の1に
【センバツ4強打撃ランキング】中央学院・青木勝吾が”三冠”!星稜の注目捕手が”盗塁王” 今年も逸材揃う
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?