News

【センバツ】ホームラン激減!31試合でサク越えはたったの2本、新基準バットの影響でピークの10分の1に

2024.03.31


モイセエフ ニキータ(豊川)、正林 輝大(神村学園)※写真は過去の取材より

第96回選抜高校野球大会は、健大高崎(群馬)の優勝で幕が閉じた。新基準のバットが採用されて初めての大会。予想通りではあるが、大会通算本塁打数は、わずか3本だけ。ランニング本塁打をのぞく、柵越えはわずか2本だった。

金属バットが採用されて以降、最低だった1996年の5本を下回った。大会本塁打数が4本以下だったのは、木製バット使用最後の大会で、1本(ランニング本塁打)だけだった1974年以来、50年ぶり。新基準バット導入は、間違いなく本塁打数を激減させた。

フェンス直撃の打球もあり、従来のバットならば、フェンスを越えていたと思われる打球もあったが、大幅に本塁打数を増やすレベルではなかった。想定されてはいたが、長打を放つには、パワーだけでなく、芯に当てる確実性が求められる時代になったことが、今センバツの結果で証明されたのかもしれない。

大会最多本塁打は56回大会(1984年)の30本。ピークの1割になったということになる。

ここ10年の本塁打数と、主な話題を調べてみた。

2023年(95回)12本(沖縄尚学仲田 侑仁の満塁弾)
2022年(94回)18本(大阪桐蔭11本=大会記録)
2021年(93回)9本(東海大菅生千田 光一郎が大会通算800号)
2020年(92回)開催中止
2019年(91回)19本(東邦石川 昂弥が3本)
2018年(90回)18本(智辯和歌山黒川 史陽、林 晃汰など)
2017年(89回)23本(大阪桐蔭藤原 恭大が決勝で2本)
2016年(88回)14本(高松商植田 響介植田 理久都が史上初の同一大会兄弟弾)
2015年(87回)17本(敦賀気比松本 哲幣が大会初の2打席連続満塁弾)
2014年(86回)13本(智辯学園岡本 和真が2本)

巨人の岡本、中日の石川、ロッテ藤原など、懐かしい名前が並ぶ。今では、プロ野球で活躍している選手らが、センバツの舞台で長打力を誇った。甲子園での本塁打が彼らに自信をつけさせたに違いない。

逆に考えれば、新基準のバットの時代では本塁打を放つことが「希有」なことにもなり、本塁打の価値がグンと上がる。今大会で柵越えアーチを放った豊川(愛知)のモイセエフ ニキータ外野手(3年)、神村学園(鹿児島)の正林 輝大外野手(3年)は「本物」だということだろう。

今後、甲子園ならずとも、全国で開催される公式戦で、本塁打を放つということも、かなりすごいことだと思わなければならない。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】センバツ大会 結果
編集部が選ぶ「センバツベストナイン」!防御率0.00の2年生左腕、周東級の俊足野手など超高校級の逸材たち!
「意外と点が入る」新基準バット、勝利を摑むチームの「3つの条件」とは?
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト
【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?