トーナメント表

健大高崎が悲願の初優勝、青柳監督男泣き、箱山主将は仲間に感謝

2024.03.31


センバツを制した健大高崎 ※写真=東京スポーツ/アフロ

<第96回選抜高校野球大会:健大高崎3-2報徳学園>◇31日◇決勝◇甲子園

健大高崎(群馬)が悲願の春夏通じて初優勝を飾った。群馬県勢としてはセンバツ初優勝。

2点を先制された1回裏、森山 竜之輔内野手(3年)の左越え2点適時二塁打で同点とした。さらに3回には、高山 裕次郎内野手(3年)の右前適時打で勝ち越しに成功した。

主将の箱山 遥人捕手(3年)は「3月までに日本一が取れる準備をしてきたので、有言実行ができて嬉しいです。新チームが始まってから、うまくいかないことばかりで、野球が嫌いになった時期もありました。そんな中、仲間がついてくれて 仲間たちに感謝しています。石垣、佐藤については、この2人なくして日本一はないですし、技術的にも、精神的にも成長してくれたと思います」とチームメート全員に感謝の言葉を口にした。

先発の石垣 元気投手(2年)が8回を7安打2失点(自責1)で抑えると、9回のマウンドに上がった佐藤 龍月投手(2年)が報徳学園を振り切って歓喜の輪を作った。先発の石垣は「準決勝ではふがいない投球をしたので、気持ちを入れて投げることができた。9回のマウンドに上がった佐藤には、任せたと伝えました」と胸を張った。

青柳監督は悲願達成に涙を流した。「23年間のことを思い出して涙が出てきました。石垣が丁寧に投げてくれた。佐藤も調子が良くない中、良く投げてくれた。これまでのОBたちにはありがとうという言葉でいっぱいです」と胸をつまらせた。

報徳学園は1回に安井 康起外野手(3年)の適時二塁打などで2点を先制したが逆転負け。先発の今朝丸 裕喜投手(3年)は8回3失点の好投も報われず、昨年に続き2年連続で準優勝となった。


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?