News

根尾昂(大阪桐蔭-中日)「神宮での敗戦」をバネに春夏連覇の最強チームは生まれた<思い出の明治神宮大会>

2023.11.21


根尾 昂

2017年秋にスタートした大阪桐蔭(大阪)のチームは最強チームだった。のちに18年ドラフト1位指名される、根尾 昂内野手(現・中日投手)、藤原 恭大外野手(現・ロッテ)を中心に、投打にバランスが取れ、2018年春夏の甲子園で連覇を果たした。公式戦はわずか1敗。それが2017年秋の明治神宮大会だった。

初戦の準々決勝で駒大苫小牧(北海道)を4対2で勝利。横川 凱投手(現・巨人)から柿木 蓮投手(現・日本ハム育成)へのリレーだった。しかし、準決勝で創成館(長崎)に逆転負けを喫する。

2回に1点を先制するが3回に4失点を喫し、その後、打線もふるわず4対7で敗れた。優勝を目指したナインが落ち込むなか、背番号6の根尾も唇をかみしめていた。

自信のある遊撃の守備で失策を犯し得点を許していた。打席でも3打数1安打1三振と本来の力を見せることができなかった。投げては3対6で迎えた6回からマウンドに上がり、3安打1失点。9回にダメ押しの失点を許してしまった。最速146キロの直球と、キレのあるスライダーを武器に、4回で7三振は奪った。随所に素材の高さを見せつけはしたが、勝負に敗れた。

結局、2試合で5打数1安打。打つ方も、守る方も、投げる方も、すべてが「高校一級品」と言われたが、力を出し切ることができなかった。しかし、この1敗を機に根尾をはじめ、大阪桐蔭ナインが力をつけ、甲子園の春夏連覇へとつながっていった。

現在、根尾は中日の投手として来季へ向けて努力を続けている。入団当初は野手登録も打撃で芽が出ず、来季は投手に専念することが決まっている。明治神宮大会での悔しい思いをバネに甲子園で活躍を見せたように、来年こそは投手として「逆襲」に転じて大ブレークを果たしてもらいたい。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?