News

フォームは吉村優聖歩(巨人)を彷彿!熊本国府の変則左腕・植田凰暉が甲子園で活躍するには?<2024年のヒーロー候補たち⑨>

2023.12.21


植田 凰暉(熊本国府)

来春の選抜では話題になりそうな変則左腕がいる。それが植田 凰暉投手(熊本国府)だ。

右足を巻き込むトルネード気味の上げ方を行い、強烈なインステップ気味で投げる姿は22年高校日本代表の吉村 優聖歩投手(明徳義塾-巨人)を彷彿とさせるが、実際に植田は吉村をモデルにしており、元々オーバーだったのを、サイドにしたことで安定感が高まった。フォームだけではなく、投球も話題になるにはどうすればいいか考えていきたい。

九州大会、神宮大会の投球を振り返ると、ストレートは120キロ後半。変化球は110キロ前半のスライダーを投げ込む。良いのは左打者に外角だけではなく、内角にも投げること。植田はプレートの一塁側に立ち、さらにインステップするため、左打者にとっては背中越しからくるので内に食い込むスライダーは初見では捉えにくい。コーナーへ徹底的に突くことで抑えていた。

神宮大会の関東一戦では3回、被安打5、3失点と悔しい結果に終わったが、関東一の打者にはフォームに惑わされることなく、植田が投げるボールの軌道にアジャストして、的確に捉えられていた。ネット裏でみると、フォームは特殊だが、ストレート、変化球は脅威に感じられなかった。

甲子園ではフォームに惑わされず、対応できるチームも現れる。そこでベースとなるストレートの球威、球速、変化球の球速を高めることは必要になるのではないか。これは打てないと思わせるほどのレベルアップが必要だ。

来春には大きく変わった姿を期待したい。

<名鑑情報>
植田 凰暉投手(熊本国府
181センチ77キロ
左投げ左打ち
大矢野中

寸評:吉村 優聖歩投手(明徳義塾-巨人)を彷彿とさせる投球フォームで勝負する技巧派左腕。

【秋の実績】
23年秋(2年秋)から本格的に活躍。エース・坂井 理人投手(2年)とともに2枚看板で活躍。
九州大会では3試合で、14.2回を投げて3失点(自責点2)の好投。
神宮大会では、関東一戦で3回、被安打5 3失点

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>