News

ジャイアントキリング、快進撃…。秋の戦いで21世紀枠最終候補に残るのを予感させた5校は?

2023.12.09


最後の打者を打ち取って喜ぶ田辺のバッテリー

来年春の第96回選抜高校野球大会の21世紀枠選考に向けた各地区推薦の9校が8日、日本高野連から発表された。順当という声が多くあるのは、学校の歴史、特色に加え、強豪校を破ったジャイアントキリングや、快進撃も達成している点も見逃せない。

9校のうち、5校は10月の段階で、最終候補に入る予感をさせた学校がある。それは別海(北海道)、仙台一(宮城)、水戸一(茨城)、田辺(和歌山)、鶴丸(鹿児島)だろう。この5校は強豪校を破ってきている。

まず別海は、私立の苫小牧中央、上位進出も多い知内を破ってベスト4入り。どちらも1点差で、苫小牧中央戦は逆転サヨナラ、知内戦では、延長タイブレークの末、勝利している。準決勝の北海戦では1対6で敗れたが、8回表に1点を返して、2対1の接戦を演じていた。仙台一では、3位決定戦で仙台育英を破った東陵に勝利して東北大会出場を決めている。

水戸一(茨城)は、準々決勝でこれまで上位進出が多かった常磐大高に1対0で完封勝利。準決勝では常総学院にコールド負けしたが、強豪私学を破ってのベスト4はやはりインパクトがあった。そして田辺は準々決勝で市立和歌山、県大会準決勝で優勝候補・智辯和歌山に勝利。智辯和歌山には逆転満塁弾で勝利を収め、近畿大会に出場した。

鶴丸は3回戦で鹿児島実を破り、大きな話題となった。最終的に4強入り。準決勝のれいめい戦でも3対4と接戦を演じた。

この5校から選ばれる学校は現れるのか。

【関連記事】
21世紀枠推薦校9校一覧はこちら
センバツ21世紀枠 展望はこちら

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!