News

【本日発表】21世紀枠最終候補9校はどこになる!?

2023.12.08


来春3月18日に開幕するセンバツ。出場校32校のうち、2校が21世紀枠での選出となる。すでに46都府県の推薦校は発表されているが(北海道は地区推薦で決まる)、本日その中から各地区の推薦校9校が発表されることになる。

仙台一(宮城)、水戸一(茨城)、鶴丸(鹿児島)など各県を代表する進学校や、連合チームなどが名を連ねている。発表は15時だ。

<センバツ21世紀枠道府県推薦校一覧> *は私立
【東北】
青森=弘前南(県4強)
岩手=水沢工(県4強)
秋田=大館桂桜(県8強)
山形=山形南(県8強)
宮城=仙台一(県3位)
福島=光南(県準優勝)

【関東】
茨城=水戸一(県4強)
栃木=佐野(県8強)
群馬=明和県央(県準優勝)*
埼玉=坂戸(県8強)
千葉=千葉商大付(県4強)*
東京=日大二(都4強)*
神奈川=鎌倉学園(県4強)*
山梨=吉田(県8強)

【北信越】
長野=赤穂(県8強)
新潟=六日町(県8強)
富山=富山北部(県準優勝)
石川=金沢桜丘(県ベスト16)
福井=若狭(県8強)

【東海】
岐阜=帝京大可児(県ベスト16)*
静岡=浜松城北工(県ベスト16)
愛知=小牧南(県4強)
三重=桑名工(県8強)

【近畿】
滋賀=草津東(県8強)
奈良=奈良北(県4強)
和歌山=田辺(県準優勝)
京都=京都精華(府8強)*
大阪=興国(府3位)*
兵庫=尼崎工(県8強)

【中国】
岡山=岡山城東(県準優勝)
広島=庄原実(県8強)
鳥取=鳥取東(県8強)
島根=津和野(県4強)
山口=下関西(県8強)

【四国】
香川=大手前高松(優勝)*
愛媛=大洲(県8強)
徳島=徳島科学技術(県8強)
高知=宿毛工(県ベスト16)

【九州】
福岡=春日(県4強)
佐賀=神埼(県4強)
長崎=対馬・上対馬・壱岐商連合(県8強)
熊本=必由館(県4強)
大分=別府翔青(県8強)
宮崎=日南(県ベスト16)
鹿児島=鶴丸(県4強)
沖縄=宜野座(県4強)

高校野球ドットコムでは、21世紀枠9地区の推薦校予想記事を配信中。合わせてお読みください。
【21世紀枠 各地区推薦校予想】
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!