Interview

父は元Jリーガー 天理の4番・内藤大翔は名門・生駒ボーイズ出身【前編】

2022.01.14

 3年連続のセンバツ出場が有力な天理で不動の4番に座っている内藤 大翔内野手(2年)。昨年のセンバツでは全試合で3番スタメン出場を果たし、昨秋の公式戦では8試合で打率.433、2本塁打、10打点の活躍を見せた。天理の4番になるまでを振り返る。

父は元Jリーガー 天理の4番・内藤大翔は名門・生駒ボーイズ出身【前編】 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
天理 中村監督による新エース改造指令が奏功【前編】
3年連続センバツへ 今年の天理の注目選手は?【後編】
「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将【前編】
楽天・浅村を目標に、主将としてセンバツV目指す【後編】
天理 ドラフト1位・達の後継者は188センチのサイド右腕【前編】
フォーム改造で別人。天理の長身右腕 達から借りた「ひみつ道具」で手応え【後編】
父は元Jリーガー 天理の4番は名門・生駒ボーイズ出身【前編】
通算17本塁打誇る天理のスラッガー「目指している部分は一緒」元Jリーガーの父は目標の存在【後編】

「速い球を投げること、遠くに飛ばすことに自信」

父は元Jリーガー 天理の4番・内藤大翔は名門・生駒ボーイズ出身【前編】 | 高校野球ドットコム
内藤 大翔(天理)

 内藤が生まれ育ったのは福岡県福岡市。父の就行さんは鹿島アントラーズなどで活躍した元Jリーガーで、現在はJ3のテゲバジャーロ宮崎でアカデミー真摯コーディネーターを務めている。

 物心ついた頃から身の回りにはサッカーボールがあり、自然とサッカーを始める環境にあったが、小学1年生の時に地元のソフトボールチームに入り、野球の道へと進んだ。

 中学に進むと同時に、家族の仕事の都合で奈良県生駒市に引っ越し、生駒ボーイズに入団。第49回日本少年野球春季全国大会に出場した実績があり、「速い球を投げることと、遠くに飛ばすことは自信がありました」と自身の中学時代を振り返る。

 生駒ボーイズの1学年上には昨年の天理で4番を打っていた瀨 千皓外野手(3年)がいた。「奈良に住んでいたこともあって、天理の試合を見る機会があって、天理で野球がしたいと思ったのと、生駒ボーイズで1つ上の瀨さんが活躍されているのを見て、その人の下でやりたいと思ったのも理由の一つです」と1年秋からレギュラーを獲得していた先輩の活躍にも影響され、天理への進学を決めた。

 入学直後は慣れない寮生活に苦戦したこともあったそうだが、持ち味の打撃をアピールして1年秋にレギュラーを獲得。近畿大会8強ながらセンバツの出場権を手にした。

[page_break:納得いかなかったセンバツ舞台]

納得いかなかったセンバツ舞台

父は元Jリーガー 天理の4番・内藤大翔は名門・生駒ボーイズ出身【前編】 | 高校野球ドットコム
内藤 大翔(天理)

 秋の大会中に腰の疲労骨折をして冬場は満足のいく練習はできなかったが、「体幹を強化するであったり、野球の本を読んだりして知識を得ることとか、体が自由に動かなくてもできることを考えてやっていました」と自分にできることに精一杯取り組み、センバツに備えていた。

 故障を治して挑んだ2年春の甲子園では全試合3番でスタメン出場。チームは4強入りを果たしたが、内藤自身は15打数2安打と結果を残せず、悔しさも味わった。

「1つ上の方々が本当に頼れる人ばかりで、ベスト4まで連れてきてもらったという感じが強かったので、こういう先輩たちがいて本当に頼もしいなと思いました。(個人の結果は)全然納得のいかない結果で、思い通りいかないことばかりだったので、少し他の大会と甲子園は違うのかなと感じました」

 夏にリベンジを誓ったが、その後は先輩にレギュラーを奪われる形となり、夏は代打での出場が主だった。チームも準決勝で敗れ、春夏連続の甲子園出場とはならなかった。

 逆にその悔しさが「不動の4番」の原動力となったのかもしれない。(後編へ続く)

(記事:馬場 遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」