Interview

「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将・戸井零士【前編】

2022.01.13

 3年連続のセンバツ出場が有力な天理(奈良)で主将を務めている戸井 零士内野手(2年)。昨年秋は3番遊撃手として攻守でチームを牽引し、近畿大会では12打数5安打1本塁打3打点の大活躍を見せた。戸井の原点とは? 前編では野球を始めたきっかけから紹介する。

「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将・戸井零士【前編】 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
天理 中村監督による新エース改造指令が奏功【前編】
3年連続センバツへ 今年の天理の注目選手は?【後編】
「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将【前編】
楽天・浅村を目標に、主将としてセンバツV目指す【後編】
天理 ドラフト1位・達の後継者は188センチのサイド右腕【前編】
フォーム改造で別人。天理の長身右腕 達から借りた「ひみつ道具」で手応え【後編】
父は元Jリーガー 天理の4番は名門・生駒ボーイズ出身【前編】
通算17本塁打誇る天理のスラッガー「目指している部分は一緒」元Jリーガーの父は目標の存在【後編】

国際大会で大きな自信

「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将・戸井零士【前編】 | 高校野球ドットコム
戸井 零士(天理)

 大阪府松原市出身の戸井は、小学1年生の時に祖父と京セラドーム大阪でプロ野球の試合を観戦。その際に、当時日本ハムのエースだったダルビッシュ有(現MLBパドレス)の投球に魅了され、2年生から地元の軟式野球チームで野球を始め、5年生からは松原ボーイズに移った。

 小学生の頃は特にプロ野球選手になりたいと考えていたわけではなかったが、中学1年生の時に侍ジャパンU-12代表のトライアウトを受け、「周りの選手たちと競い合う中でいい刺激を受けた」とこの時に将来のプロ入りを目指すようになった。

 トライアウトに合格した戸井は晴れて代表入り。代表メンバーには後に天理でもチームメイトになる南澤 佑音投手(2年)がいた。

 彼らが出場した第4回 WBSC U-12 ワールドカップで日本代表は4位に終わったが、戸井は首位打者と外野手部門のベストナインを獲得。「日の丸を背負って戦うということで、プレッシャーもありますし、それなりに自分で結果を出せたので、今となってはその経験が生きていると思います」と自信を深める大会となった。

 代表の活動を終えて、松原ボーイズに戻ってからは、「周りからの目もありますし、しょうもないプレーはできません。そこは自分なりに自覚を持ってやっていました」とより気を引き締めて野球に打ち込んだ。

[page_break:天理のユニホームに憧れ]

天理のユニホームに憧れ

「甲子園であの紫を」天理に憧れU-12で現エースと共に進学決めた主将・戸井零士【前編】 | 高校野球ドットコム
戸井 零士(天理)

 2年生の夏に第49回日本少年野球選手権大会で4強入りするなど、中学時代から華々しい活躍を見せてきた。「甲子園であの紫のユニホームを着て活躍している天理高校の野球部の皆さんを見て、カッコいいなと思いました」と進学先に天理を選んだ。また、南澤からも「一緒に天理に行こう」と誘いがあったそうで、「南澤と一緒に天理で日本一を獲ろう」と強い気持ちを持って入学してきた。

「肩の強さや強く低いライナーで外野の頭を抜けるバッティングが自分の持ち味だったので、レベルの高い中でどうやって自分が生き残れるのかを考えながら、1年生の頃はやっていました」と自らの長所をアピールしたことで1年秋からレギュラーを獲得。チームは近畿大会ベスト8に終わったが、センバツの出場権を掴み、昨春に甲子園デビューを飾った。

 昨年のセンバツでは上級生の活躍もあり、準決勝まで勝ち進んだが、戸井自身は11打数1安打と苦戦。昨秋の近畿大会で取材した際には「個人的にあまりいいイメージがない」と話していた。

「個人的には持ち味を全然出せていなかったので、あの舞台で自分のプレーができなかったというのが、凄く悔しかったです。シンプルに自分の実力不足というのがありますし、去年の冬の取り組みというのも良かったのですが、まだ自分なりに取り組んでる中でアレンジできなかったというのが、課題になったのかなと思います」

 夏に悔しさをぶつけるつもりではいたが、他の選手の台頭もあり、夏は控えに甘んじる。チームも準決勝で敗れ、春夏連続の甲子園出場とはならなかった。

 悔しさをぶつけたのが昨年の秋だった。詳しくは後編で紹介する。

(記事:馬場 遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」